残業時間が60時間以上は違法?残業代はいくらもらえるの?

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

例え1社でも転職サイトに登録は済ませてありますか?


いつでも会社を手放す心の準備はしていますか?

なぜならパワハラや過酷な労働環境は私達を精神的に追い込み、
『疲労』『ストレス』が限界になると
転職サイトに登録する気すら失われてしまうからです。


リスクは最小限に留める準備をしておきましょう。
まだ動ける元気なうちに求人情報にアクセスだけでもしておけば
『転職』というオプションを行使しして、
うつ病で精神が病む前に逃げることが可能です。

精神がやられると復活するまで想像以上に時間を要します。
だから限界まで我慢せず手前で逃げましょう。


求人サイトへの登録は無料ですし、リスクはゼロです。

求人も大量に紹介してもらえるので、
今よりマッチング率の高い求人に出会える確率もあります。

今すぐ転職をしなくても登録だけはしておきましょう。
私は1年後に転職をするという気持ちで登録しました。
(結果的に3ヶ月で転職となりました)

抑えておくべき大手優良転職サイトはこちら
 

あなた1ヶ月で何時間残業をしていますか。

まだまだ、長時間の残業を強いられている人は多いみたいですね。私も残業をすることが多く、月の残業時間が60時間を超えることが何度もありました。一般的に月の残業時間が60時間を超えているのは多い方です。

恐らくこの記事をご覧のあなたは

「残業時間が60時間以上って違法なの?」「60時間超えると残業代っていくらなの?」と思っていませんか。

ここでは「残業時間が60時間以上だと残業代はどれくらいになるのか。」「本当にそのままでいいのか?」私からのメッセージを含めて、あなたの疑問に答えます。

 

スポンサーリンク

残業時間が60時間以上って多い?

友人
みんな残業時間ってどれくらいなんだろう?

私が60時間を超える残業をしていた頃、周りの友人達からよく

「働きすぎじゃない?」「いったい残業何時間働いてるの?」

このように言われていました。私としては月の残業が60時間超えることは割と当たり前だったので、気にしていませんでした。ただ、周りから見れば残業時間が多い方だったようです。

引用 マイナビニュース

このデータからもわかるように、残業時間が60時間以上では圧倒的に多い方です。おそらく定時に帰ることなんて皆無ではないでしょうか。私の場合は定時に帰れることなんてありませんでした。

おそらく「入社時に聞いてた話と違う!」と思う人もいると思います。過去に8回の転職をしてきた私としては「そんなこと当たり前だよ」と思っていますが、入社時なんてうまい話しかしませんからね。

なぜなら今の時代、少子高齢化がすすみ、企業としても人材の採用に苦戦しています。だからこそ、うまい話を聞かせて採用に繋げたいんです。

 

 

このように「聞いてた話と違う!」「騙された!」という声は、全国各地で星の数ほど存在します。うまい話には裏があるものです。

ここでは、それが「良い、悪い」を言及するつもりはありませんが、60時間以上は圧倒的に残業時間が多いということです。

友人
そんなに残業させて違法にならないの??

あなたもこう思うかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

残業時間の違法性のケース

まず、残業とは「法定労働時間」を超えて働いた時間のことをいいます。

法定労働時間
●1日8時間

●週40時間

つまり1日8時間を超えた分は残業時間になるわけですね。

友人
週1休みの場合、1か月が26日出勤だから、残業60時間となれば毎日2時間の残業を超えてるよね!

基本的に会社はこの法定労働時間を超えて働かせてはならないものとなっているんです。

友人
えっ!?じゃあ、めちゃくちゃ違法じゃん。

ただし会社と社員の間に36協定(サブロクきょうてい)を締結していれば、法定労働時間を超えて働かせることができるんです。

友人
36協定ってよく聞くけど、いったい何なの?
36協定とは
36協定とは、正式には「時間外・休日労働に関する協定届」というものです。会社は法定労働時間を超えて働かせる場合に、労組などと書面にて協定を結び、労働基準監督署に届け出ることが義務付けられています。
友人
なら、36協定を結んでいればいくらでも残業させていいんだ?

あなたもこのように思うかもしれませんが、36協定を結んでいても違法になるケースが存在します。

たとえば私の友人のエピソードで、労働基準監督署に相談して違法残業が発覚したことがあります。友人には2歳の子供がいたため、出来るだけ残業はしたくありませんでした。

しかし会社から残業を強要されて、泣く泣く長時間労働をする毎日を過ごしていたんです。友人の生活はバタバタでした。

毎日会社から帰宅すると子供を保育園に迎えに行き、子供の世話に追われ、家事に追われる日々。

寝るのは毎日夜中。朝は誰よりも早く起きて朝食の支度。子供の身支度をして保育園に預け、それから会社に向かいました。子供の具合が良くない時は他県に住んでる親に子供の面倒を見てもらうことも。

友人
めっちゃ大変そう・・・。

そんなバタバタな生活の中、毎日の残業。友人の精神的ストレスは限界を迎えました。そして労働基準監督署に相談して違法残業とみなされたんです。

会社はすぐに改善を求められ、晴れて友人は残業から解放されました。

前提として36協定を締結していても1か月に45時間以上の残業はできません。45時間を超える残業は違法になります。

それだけではありません。

  • 体調不良や持病がある。
  • 家族の危篤
  • 妊娠している
  • 介護、育児がある

このような家族や身体に関わる場合、残業の強制は認められません。もし違法性を感じたら友人のように即、労働基準監督署に通報してしまいましょう。

通報する前に、残業の証拠を集めておくことも大切です。残業時間を証明するシフト、タイムカード、給与明細書。労働条件を証明する雇用契約書、就業規則などが該当します。
友人
ちょっと待って!36協定を結んでいても、残業時間が60時間なら違法じゃん

その通りです。

例外として、特別条項付きの36協定を結べば45時間を超える残業も可能になります。60時間を超える残業でも違法にはなりません。

特別条項付き36協定とは、残業時間の上限を一時的に延長することができる臨時的措置のことです。36協定を結ぶ際に、残業時間を延長する恐れのある事情や延長した場合の上限時間などを記載し、労働基準監督署に届け出ることで繁忙期や納期切迫時に発動させることができます。

引用 労働問題弁護士ナビ

もしあなたが「60時間も残業させやがって!許せん!」と思っていたなら、特別条項付き36協定はやっかいなものですよね。私も「特別条項付き36協定なんてなければいいのに」と思っていました。

しかし私の場合は、会社の方がしっかり特別条項付き36協定を届け出ていたために、残念ながら違法ではなかったんです。残業代はしっかり支払われていたので、懐は温かくなりました。

 

60時間を超えた残業の法的割増賃金率は

2010年4月1日の労働基準法の改正により、大企業では1か月の残業時間が60時間を超えた場合、50%以上の割増賃金を支払うことが義務付けられました。

しかし、経営基盤の弱い中小企業では残業代を支払う余裕もないため「当面の間」は60時間超えても割増賃金を支払うことが猶予され、これまで通り25%以上で良いとされてきました。

友人
そうだったのか。中小企業で働く身としてはなんか損した気分になった。

しかし新たな労働基準法の改正により、中小企業も2023年4月1日に猶予の期間終了となります。

2023年には企業の規模に関わらず、社員が1か月あたり60時間を超えて残業をした場合は50%以上の割増賃金を支払うことが企業側に義務付けられます。

友人
そうなのかー。これでガッポリ稼げるじゃん!

いやいや、でも60時間も残業したくありませんよね。

 

スポンサーリンク

このまま消耗してたらヤバい?解決策は

私は1か月の残業時間が60時間を超えることが割と当たり前な生活をしてきました。

実体験として言えることですが、残業時間が60時間を超える生活はしんどいです。それが単月だけならまだしも、私のように60時間を超えることが当たり前な生活をしていると、身体の疲労は蓄積されていきます。

「過労死ライン」という言葉をご存じでしょうか。

友人
なに?そのヤバい言葉・・・。
過労死ラインとは
目安として残業時間が80時間以上が2か月~6か月と続いた場合、もしくは月の残業時間が100時間を超えた場合が過労死ラインとされています。

残業が80時間を2か月続いたら過労死ラインということは、やはり長時間労働は目に見えないかたちで身体には相当な負担がかかっていると言えますね。

身体の疲労はじわじわと蓄積されているんです。私の感覚では、月の残業時間が60時間が続いただけでも疲労を実感していました。

もし毎日プラス1時間残業を増やしたら過労死ラインに到達ですから、60時間でも身体には相当な負担がかかっていると言えますね。

友人
たしかに・・・。60時間でも相当ヤバいね・・・。

私がお伝えしたいのは、残業がかさむと身体の負担だけではなく、時間の消耗もはかりしれないと思っています。

というのも、時間は有限だからです。

誰でも1日は24時間しかありません。そして刻々と人生の終わりへと時間は刻まれています。限りある時間を時間外労働という使い方をするのはいかがなものかと私は考えています。

もっと自分の時間として使った方が、有意義な人生になるのではないでしょうか。

残業すればお金が多くもらえる。中小企業でもこの先、残業が60時間を超えれば割増賃金が50%もらえる。たしかに賃金というかたちで残業した労力は返ってきます。しかし時間は返ってきません。

お金が人生の全てではないし、この世の中、お金がなくても人生を楽しんでいる人はたくさんいます。

しかし、楽しむには時間が必要です。

限りある時間をお金のために使うか、楽しむために使うのかは選択次第と言えます。

残業時間が60時間を超える生活を送る中で、私は時間についてこのように考えてきました。果たして時間を市残業に使うのか、楽しむ時間に使うのかどちらが幸せな人生になるんだろうと。

その答えは人それぞれ違うものだと思いますが、仕事だけの人生なんて嫌だと思いました。だから私は転職という選択をしたんです。

もし、時間に不自由を感じているのなら転職も一つの解決策かもしれません。残業で身体も時間も消耗する人生も考えものかもしれません。

転職活動の期間は○ヶ月かかる⁉︎退職までの流れを紹介‼︎

2019年5月29日

 

まとめ

1か月の残業時間が60時間を超える生活をしてきた私のメッセージを踏まえて、残業の違法性、その解決策、そして60時間を超えた場合の割増賃金について解説をしてきました。

結局は「あなたがどんな人生を送りたいのか」を考えて働き方を決めるべきだと思います。

仕事とはお金を稼ぐことだけど、お金は人生を送るためのツールでしかないんです。結局は生き方次第でお金も時間も使い方は変わるものです。

だからこそ、あなたはどんな人生を送りたいのか。どんな人生が幸せなのかによって働き方は決めるべきだと思います。

私から言えることは、今の生活に不満があるなら、すぐに転職をするべきということです。

サラリーマン必見!最新の残業事情と平均の残業時間について

2019年5月24日

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です