残業時間の計算アプリならザンレコで残業代を確実にゲット!

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

例え1社でも転職サイトに登録は済ませてありますか?


いつでも会社を手放す心の準備はしていますか?

なぜならパワハラや過酷な労働環境は私達を精神的に追い込み、
『疲労』『ストレス』が限界になると
転職サイトに登録する気すら失われてしまうからです。


リスクは最小限に留める準備をしておきましょう。
まだ動ける元気なうちに求人情報にアクセスだけでもしておけば
『転職』というオプションを行使しして、
うつ病で精神が病む前に逃げることが可能です。

精神がやられると復活するまで想像以上に時間を要します。
だから限界まで我慢せず手前で逃げましょう。


求人サイトへの登録は無料ですし、リスクはゼロです。

求人も大量に紹介してもらえるので、
今よりマッチング率の高い求人に出会える確率もあります。

今すぐ転職をしなくても登録だけはしておきましょう。
私は1年後に転職をするという気持ちで登録しました。
(結果的に3ヶ月で転職となりました)

抑えておくべき大手優良転職サイトはこちら
 

あなたが転職や退職する時、今の職場での給料に加えて、残業代はいくらになるかと考えたことはありますでしょうか?

もし、記録を残さずに会社任せにした場合、本来もらえる筈だった残業代がなくなってしまうかもしれません。

仮にあなたが残業の記録をしていても、それが法的に認めてもらえるか疑問を思う方がいるでしょう。今回はその問題を解消できるアプリ「ザンレコ」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ザンレコとは?

残業証拠レコーダー、通称「ザンレコ」は弁護士が証拠力を強める独自の特許技術で開発した示談交渉や裁判時の証拠として使えるスマートフォンアプリです。

Apple store、Google Playのどちらにも対応してますし、無料でダウンロードできるのもいいですね。

ザンレコの特徴は大きく分けて3つあります。

1つめはスマートフォンのGPS機能を使用して、勤務先、得意先で働いている証拠を記録します。2つめは正確な残業代を自動で推計するプログラムが用意されています。3つ目は勤務先から近い弁護士を検索して、相談や依頼ができます。

参考:残レコの機能・特徴|残業証拠レコーダー

 

スポンサーリンク

ザンレコの運営会社はどういう所?

ザンレコの運営会社は日本リーガルネットワークで、東京都中央区日本橋に本社があります。経営陣は代表取締役と取締役2名で構成されており、2名は弁護士で、1名はソフトエンジニアと法律とITの専門家で会社を経営していることが伺えます。

彼らが取り組んでいる課題はブラック企業の問題である労働者の権利侵害を防ぐために、弁護士の核となる法律に関する知識×ITを活用したサービスの開発×企業としてのマーケティング活動を行なっております。

スマートフォンのアプリの中には個人情報を抜き取ったり、ウイルスを入れさせたりするような悪質なものがありますが、運営会社をみる限りでは安心と言えるでしょう。

参考:日本リーガルネットワークホームページ

 

ザンレコの使い方は?

①Apple Store(アイフォン)またはGoogle Play(アンドロイド)でダウンロード。

②チュートリアルを読み、タップして、ユーザー登録画面に進む。

③登録画面で、新規アカウントを作成(ログインID,パスワード,メールアドレス(任意)を入力)。または、LINEのアカウントで登録することも可能です。

④モードの選択画面に入り、ベーシックモードまたは残業厳密推計モードを選択。

⑤質問に回答した後、勤務地と得意先をマップ上で登録する。

⑥残業時間代が自動で入力されます。アプリの動作に不安があれば、毎日チェックしましょう。

⑦退職する頃にホーム画面の残業代の相談・請求をタップします。

⑧登録したマップのデータからお近くの弁護士の紹介ページに移ります。(2019年5月の時点ではは45都道府県となります)。

実際に使ってみた感想としてはマニュアルを見なくても、直感的に操作できるほど、分かりやすかったです。

 

スポンサーリンク

ザンレコの評判について

その評判はニュースサイトにとどまりません。大手新聞社に加えて、Tokyo MXで放送中のテレビ番組「話題のアプリええじゃないか!」でも特集された実績があります。

 

また、ザンレコはメディア以外での実績もあります。

東京都の事業育成プログラム『ASACアクセラレーションプログラム』の対象に選出されたり、日本経済新聞主催、内閣府・厚労省・日弁連等後援の有名なベンチャー企業のコンペ「REGTECH SUMMIT」に登壇し、高い評価を受けております。

参考:第3期アクセラレーションプログラムが始動|東京都
参考:ICCカタパルト「日本リーガルネットワーク」on vimeo

退職した方々がザンレコを使い、無事に残業代をゲットしたという声がホームページ上でも掲載されております。

その声の中には数ヶ月で100万円以上という例もあり、その法的証拠として信頼性があることが分かります。
参考:残業証拠レコーダー|自動で簡単に残業時間の証拠を確保できるアプリ!

そしてカスタマーサポートにも好感が持てます。

実際アプリとしての評価はApple Storeでは5点中3.6点(2019年5月)、Google Playでは5点中3.4点と決して高いわけではありません。現に両ストア共にアプリが正常に動作しなかったという低評価のレビューが少なからずありました。

それでも運営会社の日本リーガルネットワークは1つ1つ丁寧に解決方法を返信をしており、一人でも多くのユーザーの問題を解決しようとしている姿勢が見てとれます。

まとめ

今回の記事内容はいかがでしたでしょうか?あなたが転職、退職する時に支払われる残業代をザンレコで記録することで、法的な証拠として認められます。

夜遅くまで働いてもらえる筈だった残業代が社長や上司に言い包められて、支払って貰えず、泣き寝入りする。もうそんなことはありません。

勤務先のプレッシャーに臆さずに、来るべき退職する日に備えて、コツコツと証拠を記録しましょう。そして、弁護士と相談し、示談交渉や裁判で支払われるべき残業代を必ずゲットして下さい!

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です