会社を辞めたい40代男性へ。辞めていいのか考えてみよう!

どうも。木佐貫です。

会社を辞めたいのに年代なんて関係ありませんよね。若かろうが年をとっていようが辞めたいものは辞めたいですよね。私もよく仕事を辞めたいなと思うことがあります。

上司に怒られた時、出世レースから外れ後輩や部下にどんどん追い抜かれた時など、辞めたいと感じる場面は40代でも多いのではないでしょうか?

これを見て頂いている方々は30後半や40代の方々が多いと思いますので、確かに転職するにはこの辺の年代がラストチャンスのかもしれませんね。

今回の記事では40代にターゲットを絞って、辞めるべきか辞めないべきか。その判断をつけて頂いて、あなたの人生プランのお手伝いをさせて頂きたいと思います。

1 本当に辞めていいのか問題点をまとめよう?

まずは本当に辞めて良いのか考えて見ましょう。若い転職ではないので、そこは慎重に判断していかければいきませんね。

市場調査、コネを使った転職、自分がやりたかったことへのチャレンジ。色々と考えてあなたにあった人生を歩んでいきましょう。
ここの判断を誤るともう取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。
是非とも軽々な判断はしないで頂いてしっかりとした理論で判断していって下さい。

今の仕事の問題点は?

さて、ここまで読んで転職をする決心がついたでしょうか?ここでそもそもの話に戻しましょう。あなたはなぜ、今の会社を辞めたいのでしょうか?

その理由ははっきりしていて、辞めなければいけない状況なのでしょうか?そこをまずは考えてみましょう。もしかしたら辞めなくても良い状況かもしれませんからね。

辞める理由が人間関係の場合
ここは難しいところですが、一度耐えてみることをおすすめします。人間関係の場合、修復される可能性。会社へ相談したら解決する可能性もあります。
リスクのある転職をする前に、一度会社へ相談してみましょう。

病気の場合
精神病や身体を悪くされた場合は健康あっての仕事です。無理はしなくて問題ございません。
ただ、休職願いというシステムをご存知ですか?

参考:休職願いについての質問まとめ

まだ今の仕事を続けたいが、止むを得ない場合は休職しましょう。どうしても嫌になってしまった場合。精神を病んでしまった場合は、症状にもよりますが、自営業を考えてみるのはいいかもしれませんね。

今の仕事を続けたい場合

趣味を増やす
一見意味のないことに感じると思いますが、同じ毎日を繰り返すのにマンネリしていて辞めたいと感じているパターンもよくあります。まずは環境を変えてみるのはいかがでしょうか?

私も同じ毎日が続くと「あーどっか旅行いきたいなぁ」「なんか面白いことないかなー」と思いますからね。環境を変えて新しい発見もあるかもしれませんので、かなりいいと思いますよ。

異動願いを出す
思い切って部署異動をしてみるのもいいかもしれませんね。
例えば今の会社の福利厚生は気に入っているが、今の仕事場はどうしても合わない。

やりたい仕事をしている人なんて全体で見るとほんと一握りですから、そう思う人は多いと思います。そういう場合は異動願いを出して、心機一転、今の会社のまま新しい部署でのびのびと頑張りまそう。

2 辞めた後のプランはしっかりしているか?

再就職先はある?

40代ともなると人生を80年とするとちょうど折り返し。どんどん新しいことにチャレンジ出来なくてなってきますよね。実際には40代での転職サイトもありますが、現実は厳しいと思います。

もしあなたが何か資格があるのならそれを活かした仕事はたくさんあります。しかし、何も資格がない、実績もないですと当然待っている道は厳しいものです。

再就職は諦めろとまでは言いませんが、しっかりと考えた方が良いかもしれませんね。

自分で事業を始める

40代の皆さんで新しい職場で働こうとすると、仕事のポジションにもよりますが居場所がないケースもよくあります。その場合は自分で事業を始めてみるのがおすすめですよ。
参考:自営業になるためには

結婚されている方は、奥様と一緒にできる仕事なんか良いかもしれませんね。
今まで仕事であまり一緒にいる時間が作れなかった場合。これを機に夫婦の絆を深めてみるため、自営業という夫婦の共同作業はおすすめです。

3 まとめ

いかがでしたか?あなたは本当に辞めなければいけない状況でしたでしょうか?どうしても若い人たちに比べると40代というのは再就職は当然厳しいです。

あなたが今まで歩んできた道を一度見つめ直してみて下さい。あなたの人生をかけてきた道です。悪い面も当然あるでしょうが、良い面もきっとあるはずです。

転職は悪いことではありませんが、それは自分の気持ちを正直にして判断していきましょう。
自営業を始める場合は下調べをしっかりと行なって下さい。
あても無い事業やただやりたいだけでやるのではなく、年齢を考えて残りの働ける人生をかける価値があるか、しっかり考えましょう。

きっと明るい未来が待っているはずです。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です