転職で迷っている方!個人エージェントで仕事を探すメリット

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

今の仕事に満足出来ていない、充実感や達成感などが無い、給料が見合っていない、など転職をしようと考えている方、もしくは迷っている方。

転職先を探すのに困りエージェントを探していませんか。でも、大手だと気後れしてしまいなかなか手が相談しにくいなどありますよね

そこで、個人エージェントを探しているが今度は信用があるのかどうかも悩みどころです。

今回はそんな転職に悩んでいる方への個人エージェント探しをお手伝いしようと思います。

やりがいのある仕事を見つけて見ませんか。もしかしたらあなたの転職が見つかるかもしれません。そうすると今の生活も少しは充実した生活を送れるやもしれませんよ。

参考までに読んで頂いてあなたにあった仕事を見つけてもらえたら幸いです。

スポンサーリンク

転職エージェントと転職サイトの違い

ここで、転職エージェントと転職サイトの違いをざっくりと説明します。

気軽さの違い

<転職エージェントの場合>

転職エージェントでは、専任のキャリアアドバイザーが担当としてつくので、転職の意思が固まってからでないと頼みにくい印象があるかもしれません。

しかし、まだ転職の意思がはっきりしていない段階での相談にも応じています。このような相談ができるのも、転職エージェントならではでしょう。

また、マイナビエージェントでは相談の期限や回数は設けていませんので、「将来的に転職したいが、どのような準備が必要なのか」といった相談もお受けしています。このような、キャリアアドバイザーとのキャリア面談は、実際に足を運ばずに電話で行うこともできます。

<転職サイトの場合>

転職サイトは、自分の時間があるタイミングで求人情報を検索し、様々な企業を見比べることが可能です。様々な情報をたくさん見て、自分の方向性を見極めたい場合に向いています。

サポートの違い

<転職エージェントの場合>

転職エージェントは、手厚いサポートを受けることができます。

まずは、担当のキャリアアドバイザーが求職者の希望を聞き、最適な求人の紹介を行います。次に履歴書などの書類の添削や模擬面接など、内定獲得率を上げるためのサポートを行います。さらに、面接日のスケジュール調整や、年収など様々な条件の交渉なども行っています。

転職エージェントを使うことで求職者の負担は少なくなるため、在職中でもスムーズに転職活動を行えます。

<転職サイトの場合>

転職サイトでは、転職エージェントのように求職者それぞれに対してキャリアアドバイザーがつきません。その代わり、ご自身が主体となって自由に転職活動を進めることが可能です。

多くの転職サイトには、転職ノウハウに関するコラムがあります。こちらを参考にすれば、転職活動の不安を取り除けるかもしれません。

求人数の違い

<転職エージェントの場合>

転職エージェントの求人数は、一見すると少ないと思えるかもしれません。しかし、実際はそうではなく、応募者の集中を防ぐため非公開にしている大手・有名企業があるのです。もしかしたら憧れの企業にめぐり会えることも十分に考えられます。

また、新規プロジェクトを任せるポジションがあったり、公開求人よりも給与が高かったりなど、質の高い求人を多く持っています。

<転職サイトの場合>

転職サイトは公開求人が基本なので、基本的に転職エージェントに比べて多く求人を保有しています。全国各地の様々な企業の情報を調べられるので、業界研究に役立てることができるでしょう。

転職を始めたばかりでまだ方向性が定まってないときなどは、自分の知見を広げるために、転職サイトの情報をチェックしてみるのも良いかもしれません。

転職エージェントと転職サイト、どちらか片方しか利用できないわけではありません。それぞれのメリットを踏まえつつ、うまく活用していくことで転職成功の可能性は高まります。

 

スポンサーリンク

転職エージェントとは

転職エージェントとは、求職者のニーズに合った仕事を斡旋しその求職者にとっての最適な転職を探す人達です。

人材紹介サービス業のひとつですね。

求職者の中には「自己PRがわからない」「自分に合った仕事がどれか」「転職活動を一人で進めるのが大変」などさまざな理由で悩んでいる方もいるでしょう。

転職エージェントはそういった悩みも相談に乗ってあなたにあった転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントのメリット

転職エージェントにはさまざまなメリットがあります。

まず1つ大きなメリットとして利用料が無料なところです。

転職エージェントは企業から紹介料を受け取るため、求職者は無料でサービスを利用できます。

他にもたくさんのメリットがあります。

自分に合った企業を探してくれる

転職エージェントは、最初に求職者とどういう会社を希望しているのかなど面談をし、またどんな企業が合っているのか探します。

そして、求職者に合った企業を紹介してくれるので、「実際に仕事をしてみたら、思っていたものと違った」というようなことが限りなく発生しないのです。

他では手に入らない求人に出会える

転職エージェントは、一般には非公開としている求人もあります。求職者は、転職エージェントに登録することで、非公開求人を紹介してもらえます。

非公開求人の中には、新規プロジェクトを任せるポジションがあったり、公開求人よりも高い給料など、質の高い求人が存在します。

書類審査、面接の通過率を上げてくれる

転職エージェントは、企業がどのような人を求めているのかを熟知しているので、「履歴書」と「職務経歴書」を企業が探している人材であるとアピールできるよう、アドバイスしてくれます。

また、推薦状を作成する転職エージェントもありますので、書類の追加率は自己応募に比べて高くなるといえるでしょう。さらに、模擬面接を行うことで、本番ででしっかりと魅力をアピールできるようサポートしてくれます。

給料交渉や面接のスケジューリングなどを代行してくれる

これからお世話になろうという会社に対して、給料交渉をするのは気が引けるというのは誰もが思うところ。特に面接の場で「ぜひとも入社したい」「御社で働くのが夢です」というようなことを伝えている中で、給料の話はできませんよね。

そこで、転職エージェントが求職者に代わって、給料などの交渉や、面接日時の調整を行ってくれます。

不安になったら相談にのってくれる

「本当に今が転職すべきタイミングなのだろうか」「円満退職するには良いのか」「家族にはどのタイミングで、どういう風に伝えるべきなのか」など、転職に関係する悩みであれば、どのようなことでも相談することができます。

 

個人エージェントのメリット

先程、転職エージェントをご紹介しましたが、次にその中でも個人で転職をサポートしている方もいます。

まずはじめに個人の転職エージェントとは、転職エージェント会社を1人もしくは数人で経営している転職エージェントだ。

では早速個人でやっている転職エージェントのメリットをご紹介します。

メリット
  • 営業もキャリアカウンセリングも同じ人
  • 一度落ちた企業に再チャレンジできる
  • サポートが手厚い

大きく分けてこの3つがメリットとして上げられます。

では、一つずつ説明します。

営業もキャリアカウンセリングも同じ人

例えば、「うちの会社ではこんな社風なのでこういった人材の人を紹介してほしい」と転職エージェントに依頼したとします。

営業とキャリアカウンセリングが別れていると、社風に合った人材を探すのが難しい。

ですが、個人だと営業とキャリアカウンセリングを同じ人がやっているので、企業が探している人材のミスマッチングが少なくなる。

ですので、あなたが探している仕事にぴったりな職場を見つけやすいです。

一度落ちた企業に再チャレンジできる

個人で転職エージェントを経営している方は企業と個人で深く繋がっているので紹介する際にも強いプッシュしてもらえれば選考を飛ばしたり一度選考で落ちてもどうしても入りたいと強く伝えたら再度面接してくれることもある。

こうした小回りの良さも個人エージェントの利点でありますね。

サポートが手厚い

大手の転職エージェントはノルマを達成をこなすために多くの人を抱えています。その為、一人にかける時間が少ない。

ですが、個人の転職エージェントは土日対応も含め手厚いサポートをしてくれます。また、人材業界以外からの出身で独立した転職エージェントはその業界の知識を持っているので業界事情を詳しく教えてくれます。

例えば金融機関で20年働いた人が転職エージェントになった場合、金融業界のプロであり豊富な知識と人脈を持っている。

 

スポンサーリンク

個人エージェントのデメリット

しかし、個人エージェントの場合デメリットもあります。

デメリット
  • 持っている案件が大手と比べて少ない
  • 転職エージェントのクオリティにばらつきがある

これは、大手と比べて仕方のない事だと思います。個人だと営業出来る時間に限りがあります。

それに先程、メリットとして上げたその例で金融機関のプロの方もそれ以外の職種に対しては金融機関ほどの知識はありません。

なので、ある程度あなたがやりたいと思っている仕事のジャンルを絞って個人で転職エージェントをしている人を探す必要があります。

 

まとめ

  • 個人で経営しているエージェントは企業と深く繋がっている。
  • エージェントの得意方面の企業なら細かい所まで相談してくれる。
  • 抱えている企業が少ない。

個人で経営しているエージェントなどは小回りは効きますがやはり個人でやっていますので件数は少ないみたいですが、その分あなたに寄り添って勧めてくれるところが大きいでしょう。

大手で悩んだ時は個人で経営しているエージェントを探して見るのも試してみたらいかがでしょうか。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です