仕事が辛い時やミスをした時にどんな言葉をかけてあげよう?

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

例え1社でも転職サイトに登録は済ませてありますか?


いつでも会社を手放す心の準備はしていますか?

なぜならパワハラや過酷な労働環境は私達を精神的に追い込み、
『疲労』『ストレス』が限界になると
転職サイトに登録する気すら失われてしまうからです。


リスクは最小限に留める準備をしておきましょう。
まだ動ける元気なうちに求人情報にアクセスだけでもしておけば
『転職』というオプションを行使しして、
うつ病で精神が病む前に逃げることが可能です。

精神がやられると復活するまで想像以上に時間を要します。
だから限界まで我慢せず手前で逃げましょう。


求人サイトへの登録は無料ですし、リスクはゼロです。

求人も大量に紹介してもらえるので、
今よりマッチング率の高い求人に出会える確率もあります。

今すぐ転職をしなくても登録だけはしておきましょう。
私は1年後に転職をするという気持ちで登録しました。
(結果的に3ヶ月で転職となりました)

抑えておくべき大手優良転職サイトはこちら
 

私たちは日々言葉に影響を受けながら生きています。

友人の些細な一言で傷ついたり、感動した言葉を胸に秘めて頑張っている人もいます。なかには、有名人が発した言葉で人生が変わった人なんかもいますね。

良くも悪くも私たちの心を動かしているというのが、言葉の持つ力です。

そんな言葉の力をひしひしと感じるのは、仕事で辛い時やミスをした時ではないですか。

仕事でミスをした時に、同僚や友人から前向きな言葉をかけてもらったら嬉しいですよね。逆に責められたらとても辛くなりますよね。

ここまで読んでくださっている方は、元気になれるような言葉が欲しかったり、同僚がミスをしたから励ましてあげたいと考える心優しい方だと思います。でも、言葉だけではなく、励ますタイミングも重要なのです。

そこで、この記事では、仕事で辛い時やミスをした時にかけてあげたい言葉と、その言葉を言うタイミングについてお話していきます。

こんな方におすすめ

  • 仕事でミスして落ち込んでいる人
  • 落ち込んでいる同僚を励ましてあげたい人
  • 仕事が辛くて元気を出したい人

 

スポンサーリンク

仕事で辛い時やミスをした時に言ってあげたい言葉集

 

ここでは、辛い境遇にいる人やミスをして落ち込んでいる人に言ってあげたい言葉をご紹介します。ポイントは、辛さに共感して努力を認めてあげることです。

最強の励まし言葉「頑張ったね」

人生で一度は「頑張ったね」という言葉に励まされたことがあるのではないでしょうか。

「頑張ったね」や「頑張ってるのは知っているよ」という言葉は、短いながらもその人の努力を承認しているので、励ますのにピッタリの言葉です。

自分の頑張りを認めてほしいと思っている人は多いので、この言葉は本当に響きやすいです。

「頑張れ!」は危ない!

でも、1点だけ注意です!

「頑張れ」といって励ます人がいますが、この言葉を「ミスを余計に責められているな」とか「頑張ってないと思われているのかな?」というように捉える人もいます。

言った本人にとっては励ましのつもりでも、受け取った側が知らず知らずのうちに傷ついていたりします。

私の友人も「頑張れ!」を好意的には受け取らない人間です。「頑張れ!」というのは命令形で他人事のような感じがすると言っていました。

「頑張れ!」と「頑張ったね」では受け取り方が大きく違うので気をつけましょう。

安心感抜群!「大丈夫だよ!」

https://twitter.com/kinocoin3/status/1017697288133619713

「周りに迷惑をかけて申し訳ない」とへこんでいるときに「大丈夫だよ」と言われたら心の底から「次は失敗しないようにしよう!」と思えますよね。

「ミスをしたら絶対怒られる!」と思ってビクビクしながら仕事をするよりも、ミスを許してくれる環境で仕事をしたほうが良いパフォーマンスを発揮することができると思います。

きのこちゃんさんのツイートを見て、人間は必ずミスをするので、ミスをした人に対して「大丈夫だよ!」と言ってあげられるような環境を作っていくことが大切だと感じました。

共感してくれてる!「私もよくやるよ!」

自分に共感してくれる人を悪く思う人はいませんよね。

仕事でミスをした人には何よりも共感が大事です。

AKKOさんのように「私もよくやるから大丈夫!」なんて言われたら本当に涙が出てきますね。ミスをしたことに対してぐちぐち責め立てるのではなく、優しさを感じるフォローが何よりも大切だと実感します。

私の知り合いはExcelで作業手順書を作成していたのですが、上書き保存していなかったのに突然Excelが閉じてしまったので、それまでの作業がすべて水の泡になったことがあります。

作業手順書を一から作り直さなければならなくなって、ものすごくがっかりしていました。

そして、作業手順書を最初から作り直すことを報告したかったのですが、「何やってんだ!今までかかった時間が無駄になるだろ!」と怒られそうでとてもビクビクしていました。

でも、上司に「俺も何度もやったわ」と笑い飛ばされ、気持ちが落ち着いたようです。

上司に仕事のミスを共感されて以来、上書き保存しなかったというミスは一度もしなかったという話を聴きました。

上書き保存しなかったというミスの話を聴いて、ミスをした後に「2度と同じミスをするな!」と叱りつけるよりも共感してあげたほうがよっぽど反省するんだなと学びました。

だからこそ、共感はとても大切なのです。

超ポジティブ!「ミスしても死ぬわけじゃない」

「死ぬわけじゃない」のインパクトがとても大きいと思います。

とても勇気が出る励ましですね。

次の仕事に対して積極的になれそうな良い言葉だと思います。

ミスをした時には「死にはしない」と思えば立ち直りが早くなるかもしれません。

 

スポンサーリンク

いきなり励ましたりアドバイスしたりするのはNG!まずは話を聴くことから

ミスをした同僚を励ましてあげたいという優しい心はよくわかります。だからといって、すぐに励ますのは効果的ではありません。

ここでは、落ち込んでいる同僚を励ましてあげたい人のために、励ましの言葉が響くまでの3ステップをお伝えします。

ステップ1:話を聴く

辛い状況に陥っているときは、その辛さに共感してあげることが第一です。心の中にモヤモヤが溜まっている人は、励ましの言葉を受け取れる状態ではないのです。

ミスに対していきなりアドバイスしたり助言したりするのもオススメしません。ミスについて考えさせて本人の傷をより深くしてしまい、余計落ち込んでしまうからです。

そこで、まずは辛いと思っている人の話を聴いてあげましょう。その辛さをどうやって解決するかを一緒になって考える人もいますが、ここではただ聞いて、適度な相づちを打ってあげるだけでいいです。

人間の心は不思議なもので、自分の思っていることをはきだすと心が軽くなるのです。

話を聞いているときに何か疑問に思うことがあったとしても、ちゃんと聞いていることをアピールして心を軽くしてあげましょう。

ステップ2:頑張ったことを認めてあげる

その後は、頑張ったことを認めてあげるのが良いです。成果ばかりに目を向けるのではなく、努力にも目を向けてあげれば、それがモチベーションになります。

「頑張ったね」と言ってあげるのがベストでしょう。

ステップ3:励ましたり、次の仕事のモチベーションになる言葉を言ってあげる

努力を承認した後に、「自分も同じような失敗したことあるな」とか「次は大丈夫」って言ってあげられるとその言葉を受け入れてくれます。ポジティブな言葉を受け取れるくらいに心の状態が回復しているからです。

なので、話を聴いて頑張ったことを認めてから励ましてモチベーションを上げてあげましょう。

 

仕事でミスをした時は、ミスをした本人の心の状態を第一に考える

私の知り合いも「あいつはダメだ」ってよく言われていました。

彼はIT企業に勤めていた際、プリペイドカードの会員がログインした後の画面に表示されるバナー広告を変更するという試験を行っていました。

その試験は、開発環境に新しいプログラムを投入して、架空の会員でログインしてみて画面上でバナー広告がちゃんと変更されているかを確認するという手順で行われていたんです。

でも、そのプログラムを投入する作業に時間がかかってしまった上に失敗して、試験のスケジュールを遅らせてしまいました。

そのときの上司の言葉は、「何回もやっているよね?なんでできないの?ほんとダメだよね!」だったそうです。そして、私の友人が所属していたチームは、失敗をカバーするために時間を割かなければなりませんでした。

彼は上司に嫌がらせをしたくてミスをしたわけではないし、ミスをしたくてしたわけでもありません。

むしろ、「ミスをして申し訳ない」と本気で思っていたのです。

試験の失敗をカバーしなければならなくなった周りの人がイライラして「あいつはダメだ!」と言ってしまうのも分かりますが、ミスをした友人に悪気は全くありません。

友人の話を聞いて、ミスをした人の心の状態を考えて「落ち込むのも無理はないよな、でも大丈夫だ!」と言ってあげるべきだと思いました。

 

スポンサーリンク

ただ一緒にいてあげるだけでいい。

適切な言葉をかけてあげると心が軽くなることはお分かりいただけたかと思いますが、この章では、落ち込んでいる人の心を取り戻すには必ずしも言葉はいらないこともあるよというお話をします。

なぐさめは禁物です。
励ましもだめです。
ただただ、一緒にいてあげて下さい。それだけでいいです。
ことばはいらないのです。

引用:Yahoo知恵袋

これは、仕事で大きなミスをした同僚を励ましてあげたいが、どういう言葉をかけて慰めてあげたらいいか分からないという相談に対しての回答です。

ただ一緒にいてあげるだけでいいということもあるんですね。

一緒にいてあげるというのは、落ち込んでいる人の心の支えになることです。だから、普段と違った優しさを見せるのではなく、「いつも通りの私が近くにいますよ」と行動で示してあげればいいということです。

相手を励ましてあげる場合でも、ただ近くにいてあげるだけでも、一人で抱え込まないことが大切です。

 

まとめ

仕事が辛い時やミスをして落ち込んでいるときにかける言葉をご紹介しました。

読者の皆さんはどんな言葉をかけられたいと思いましたか。もしくは、どんな言葉をかけてあげたいと思いましたか。

この記事で取り上げたものをピックアップします。

  1. 頑張ったね
  2. 大丈夫だよ!
  3. 私もよくやるよ!
  4. ミスしても死ぬわけじゃない

また、自分自身が励ましてほしいと感じるくらいに落ち込んでしまった時はこちらの記事も参考になります。きっとあなたの力になってくれるはずですよ。

励ますというのは本当に難しいことです。

自分は優しさのつもりで言ってあげたとしても、言うタイミングを間違えたら言われた側が素直に受け取っていないことがあります。

でも、何も言わなくても時には誰かが寄り添ってくれるだけで人は安心します。

この記事を読んでくださった方には、言葉だけではなくタイミングも重要なんだということが分かっていただければ幸いです。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です