仕事を辞めたいと感じる人が抱えるストレスの原因ランキング

「今の仕事を辞めたい。」

この記事を読んでくださっている皆さんは1度は考えた事があるのではないでしょうか。

現代のストレス社会において最も大きなウエイトを占めるのが仕事のストレスではないでしょうか。

しかしいざ辞めようと思うと仕事は辞めたいけれど、本当にこんな理由で仕事を辞めてしまっていいんだろうか。そんな風に悩んでしまう人もおられるとおられるのではないでしょうか。

実際身近な人に相談してそんなことで仕事を辞めていいのかとを言われたことがある人もいるかもしれません。しかしその言葉をあまり深く考える必要はありません。

その理由を少しお話していきたいと思います。

 

仕事がどれぐらい辛いかでストレスの原因は変わる?!

yukari-kouhai

まずはこの表をご覧ください。

引用:チューリッヒ生命

この表はチューリッヒ生命が4月24日に発表した「2019年ビジネスパーソンが抱えるストレスに関する調査」から引用した勤め先のストレスランキングです。

これを見ると最新2019年のランキングではストレスの原因1位が仕事の内容となっているのが分かります。

また上司との人間関係が比較的低い順位となっています。

1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
2位:労働時間・環境が不満だった(14%)
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
4位:給与が低かった(12%)
5位:仕事内容が面白くなかった(9%)
6位:社長がワンマンだった(7%)
7位:社風が合わなかった(6%)
7位:会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
7位:キャリアアップしたかった(6%)
10位:昇進・評価が不満だった(4%)

引用:リクナビnext

一方でこちらはリクナビnextの調査による退職理由ランキングです。

こちらでは上司との人間関係が1位にキャリアップなど現在の仕事に対する不満が下位にあるのが分かります。

この違いから仕事を辞めたいと思っている人とそうでない人でストレスの感じ方に差がある事が分かります。

この差が職場で仕事のストレスで仕事を辞めたいと相談した時にそんな理由で止めるべきではないと言われる事に繋がるわけです。

仕事をどれだけ辛いかによってストレスの感じる所に違いがあるのですから。

 

本当に仕事をやめたい人のストレス原因ランキング

では本当に仕事を辞めたいほどのストレスを感じている人のランキングはと言う所が気になる所ですよね。

退職理由ランキングを元にベスト3にしてみようと思います。

1位 職場の人間関係

やはり最も大きな原因は人間関係ではないでしょうか。

上司、先輩、同僚と相手は様々だとは思いますが退職理由ランキングの1位が上司に対する不満であり、3位が人間関係の不和ということから考えても非常に強いストレスを感じるものだと思います。

職場で故人との対立という形に限らず、職場内で孤立してしまうということも考えられます。これは他に頼れる相手もおらず非常につらい状況となってしまいます。

また人間関係の不和となると以降の2つと異なり自分にも非があるのではないかと感じてしまうというストレスもあります。

この後お話しする2位3位とは違い、人間関係という目には見えないものが原因のストレスとなるため、周囲の理解が得られにくいというのもストレスの一つであると考えます。

2位 労働環境

2位は労働環境でしょう。昨今よく言われるブラック企業といわれるところにも関わってきますね。その中でも特に大きな要因が労働時間であると思います。

1日8時間を軽く超える労働時間に、休日も満足に取れず十数連勤が当たり前となればストレスは非常に大きなものだと思います。

またこの労働環境が劣悪な仕事に関しては精神的なストレスにとどまらず身体的な実害も出てきます。過労死という言葉を聞いたこともあるでしょうが、その多くはこの劣悪な労働環境が原因といっても過言ではありません。

3位 待遇関係

3位は待遇関係、いわゆる給与や賞与、福利厚生などに関する不満です。結局お金かと思われる方もおられるかもしれませんが、やはり働く目的の大半が収入を得て生活に必要な金銭を得ることという人が多いと思います。

ある統計では職場に行くのが進んで行きたくなる条件の1番が十分な収入が得られることであるという結果も出ています。多少の不満なら十分な収入を得られれば目をつぶることができるということかもしれません。

とはいえなかなかそういった職場に勤められる機会は少ないでしょう。企業としては人件費を削減したいのが本心ですから。

働くことの対価として十分な収入が得られないというのは仕事の意欲低下にもつながるため大きなストレスの原因といって間違いないでしょう。

勤め先に対する不安ランキングも上位であり不満を感じる人の数だけで言えば非常に多いものと思います。ほとんどの人は収入に不満を感じたりもっと多ければと感じたことがあるでしょう。

これだけで仕事を辞めたいと思うかといえば違うかもしれませんが、その他のストレスに加えて収入が少ないということを決め手に転職を考える方も多いため、3位としています。

 

まとめ

今回ランキング形式でストレスの原因についてお話しましたが、順位はあくまで参考程度とお考えください。このランキングで伝えたかったのは皆さんが抱えているのと同じようなストレスを多くの人が抱えているという事です。

今皆さんが抱えているストレスは決して気持ちが弱いからと言うわけではなく、仕事を辞めたいと思う誰しもが感じている事なのです。そして皆さんが抱えているストレスの原因はどれもなかなか自分では改善が難しいものではないでしょうか。

今回あげたランキングも上位の人間関係や処遇など自分がどうこう出来るものではないと思います。

そのストレスの原因を取り除く1つの方法が転職です。

今はまだただのストレスで済んでいるかもしれません。しかしそのストレスが積み重なる事で身体を壊すという事は実際ありえるのです。そのせいで転職した後も身体の調子が優れず普通に働くことが難しいという方も見てきました。

転職を推奨するわけではありません。しかし転職でしか抜け出せない様な状況もあります。この記事が自分にとってどうするのがベストなのかを考える機会になればと思います。

30代おすすめの転職エージェント3社比較!【8回転職できた理由】

2019年3月25日

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です