職場は女ばかり!女同士のめんどさい人間関係をスマート解決

女性ばかりの職場でトラブルが勃発し逃げたい、そう思われたことはないですか。女性ばかりでは人間関係が悪化しやすく、トラブルも頻繁に起きてしまいます。しかし日々の仕事はストレスを最小限にしてできるだけ快適にやっていきたいものですね。

女性は、異性よりも同性に対して対応や基準が厳しく、女性同士ではライバル視するようです。男性なら許されるのに、女性には敵のように、厳しくしてしまう人がいます。そのような人は多く、トラブルが起こりやすいので、女の敵は女と言われることもあります。

私たちも不用意なほんのちょっとしたことで、めんどうなトラブルになってしまうことがあるのです。巻き込まれるのは、ごめんですよね。

女ばかりの職場でうまく人間関係を生き抜くためにはスキルを身につけておく必要があります。どのようにしていくといいのか、みていきましょう。

こんな方におすすめ

  • 女性ばかりの職場で人間関係に悩んでいる人
  • なぜ、女性同士はめんどうなのか知りたい人
  • 女性ばかりの職場でうまくやっていきたいと考えている人

 

なぜ女性ばかりの職場は人間関係のトラブルが起きやすいのか

女性ばかりの職場はなぜ、より人間関係がめんどうで、疲れやすく、働きづらく、トラブルが起きやすいのでしょうか。それには、ちょっとした理由があります。

女性脳

脳は性別で特性があります。染色体の違いやホルモンの影響で脳の形成に影響があるようです。もちろん、男性でも女性脳、女性でも男性脳をもっているひともいるのですが、性別で能力や習性に違いがあります。

例えば、男性脳理論的解決する話をしますが、女性脳感情的共感して欲しいだけの話をしたがる傾向にあります。

また、仕事や恋愛でライバル同士になった場合には、男性は自分の頑張りで勝負しようとしますが、女性はライバルを蹴り落とすことを考えてしまう人もいるようです。他人を落とし自分を選んで欲しいと本能的に思うのでしょう。怖いですね。

女性は女性脳をもっている人が多いので、女性同士で大きくトラブルに発展していくようです。

男性脳
  • 早い問題解決したい
  • ゴール志向
  • 秩序や決まりごとを重視する
  • 集団の中での順位を重視する
  • 論理や数字で比較し検討し決断する
女性脳
  • 共感してほしい
  • プロセス志向型
  • 人間関係を重視する
  • フラットな関係を求める
  • 感性で決断する

女性特有のタイプがある

女性特有の行動タイプが大きくわけて3パターンあります。しっかり者で頑張るタイプ、甘え頼っていくタイプと、どちらでもない真ん中タイプです。

しっかり者は、一般的な女性らしさが少なく、甘えん坊タイプは女性らしさを前面にだしています。どちらにも属さないのが真ん中のタイプです。

頑張るタイプ、甘えん坊タイプ両者がいる職場はトラブルがおこりやすくなります。頑張るタイプは人の役に立ちたいと考え、甘えん坊タイプは甘えて頼りたいと思うらしいのです。

最初はお互いに依存し合っている状態にありますが、徐々に不和が生じ次第に決裂してしまうようです。理由はお互いの目的の意識が違っているのです。頑張るタイプは相談され懸命に解決しようとしますが、甘えん坊タイプ相談はするけれども、構ってほしくて相談するのであって、解決する意思がないのです。それで違和感がでてくるのでしょう。

女性同士の頑張るタイプと甘えるタイプがゆがんだ人間関係になり、めんどうになってしまうようです。

頑張るタイプ
  • 正義感や貢献しようとする姿勢がある
  • 焦っていることが多い
  • 上を目指す姿勢がある
  • 頼ることは下手
  • 休むことや息抜きの仕方は苦手
  • 実は疲れていることが多い
甘えん坊タイプ
  • 感情的になりやすい
  • 頼ったり甘えるのが上手
  • 自分のテリトリーをもとうとする
  • 注目を浴びるのが得意
  • 独占欲がある
  • 判断力は乏しい

 

女性ばかりの人間関係でありがちな嫌なこと

女の子, 悲しみ, 孤独, 悲しい, うつ病, だけで, 不幸です, 苦しみ, 女性, 若いです, 本

嫌だなと思う女性は至るところにいて、人間関係で嫌なことが起きてしまいますよね。しかし仕事する上では嫌でも関わらなければならないんですよね。

女性ばかりの職場でありがちな嫌なことをみてみましょう。

女性上司やお局さまが怖い

女性上司やお局様(俗に勤続年数が長く、同性の同僚に対して力をもっている人)に対する悩みは多いようです。年齢や立場が優位だからと下の人に対して高圧的な態度をとる人がいるのでしょう。

下の立場の私たちは思うように意見を言えなかったり、理不尽だと感じることもあるでしょう。納得いかないことも受け入れなければならないという状況もあるでしょう。それは大きなストレスでになりますね。

女性上司の機嫌が悪く八つ当たりしてきたという経験話もきいたことがあります。八つ当たりされた身になれないのでしょうかね。また別の子どものいない女性上司から、結婚し妊娠したことを告げると、妊婦は邪魔だ、辞めてほしいと言われて、非常に辛い経験をしたと人もいました。それは言ってはいけないでしょう。

女性は男性に比べて感情的になりやすくストレートに怖い言い方をしまうのでしょう。しかし、言われたほうはたまったんものではありませんね。

うわさ話や悪口をいう

女性は話好きな人が多いようです。私の周りをみていてもそう感じます。女性ばかりの職場になると、たわいない話からうわさ話や悪口も増えていき、悩みの原因にもなってきます。ターゲットがいてうわさ話や悪口を言うことによって、連帯感仲間意識がでてきて居心地がよいと思う人もいるかもしれません。

また、仲間であったはずの同期でも考え方や、趣味や生活のあり方は違うのに押しつけてきたり、仕事のやり方に文句やケチつけたりすることがあるようです。関係を悩ませますね。

悪口を言うことですっきりするのかもしれませんが、裏を返せば自分も悪口を言われているということなので、私はあまりいい気持がしないと思いますね。

無視や仲間はずれ

女性は嫉妬心劣等感対抗心をもつ人が多く、他人と自分を比べてしまうようです。特にそれらの気持ちが強い人は、職場に後から入ってきた人と比べたくなり、プライベートなことも細かくきいてきます。話から勝手に上下関係を勝手に決めて、嫌がらせをするようです。

嫌がらせのパターン
  • 自分より上だと感じた場合・・・嫉妬をもたれ、嫌がらせや悪口を言われる
  • 自分より下だと感じた場合・・・見下され、悪口や無視される
嫌がらせや悪口を言われやすいターゲットにされやすい人
嫉妬されやすい
  • 若い
  • 仕事ができる
  • 高学歴
  • 上司や先輩に気に入られている
  • 彼氏がいる、婚約している、結婚している
  • ブランド品など良いものを身に着けている
  • 美人

欠点ではなく、自分には、ないものをもっていて羨ましいと思われ嫉妬の原因になってしまいそうですね。嫉妬する方は、ちょっとした落ち度や欠点をさがし、他の人とも共有し、悪く言って、居心地よくしようとするのでしょう。醜いですね。

例えば、化粧が変だよね、男はあの女にだまされるなど、事実ではなく、どうでもいいことも、悪口ネタにされてしまうこともあるかもしれません。

見下されてしまう人の特徴
  • 仕事ができない、要領が悪い
  • 仕事をしない
  • 自分の仕事に集中し、周りに気を配らない
  • 話を合わせない
  • 挨拶をしない
  • マナーが悪い
  • 身なりに気をつかわなすぎる

仕事がなかなか覚えられず、同じことを何度もきいてきたり、やるべき仕事をしていなかったり、仕事が遅いと、仕事ができないとみなされてターゲットになるかもしれません。できない人のせいで自分の仕事が増えるのが我慢できない、できない人とは関わりたくないとして、冷たくされたり、無視されてしまう状況になることもあるでしょう。

雰囲気をこわすような発言をしてしまうと、空気がよめないと見下される可能性もあります。

常に容姿を気にしている人やブランド品など良いものをたくさん持っていたりする人も、嫉妬されやすそうです。逆に髪などの手入れをきちんとしていなかったり、服装があまりにも無頓着で身なりにも気をつかわなすぎるのも、見下されしまうことがあります。ターゲットにされてしまうかもしれません。

グループや派閥がある

女性はグループを作りたがる傾向にあるようです。皆で平等に仲良くできればいいのですが、どうしても、苦手な人、合わないわない人が存在しますね。分かれてしまい、派閥問題にまでなってしまうことがあります。

グループや派閥を踏まえて、話をしたり、仕事をしなければならなくなると、めんどうですね。またお互いに、気をつかうことも多くなるようです。

 

人間関係のトラブルを起こさないための予防法

Photo Of People Holding Each Other's hands

職場での女性同士のトラブルを起こさないため、予防するには、どうしたらよいのでしょう。トラブルなく仕事をしたいですものね。

トラブルを起こさないコツをつかむ

トラブルを起こさないためにはコツがあります。

人によって態度を変えない

人によって態度を変えるということはよくありませんし、トラブルが起きやすくなります。

例えば男性の前では声色変えて女っぽくしたり、上司に対してわかりやすく、ごますりをしているのをみるのは不愉快です。また、相手によって、必要以上に冷たくして態度の変化があると嫌われたり陰口を言われることになるかもしれません。

人間関係を乱さないためには、人によって態度を変えないことはとても重要です。当たり前にも思えますが、無意識にしてしまうこともあるかもしれませんから、意識して態度は変えないようにしましょうね。

話すよりも聞くこと

自ら話すことよりも、話を聞くことに重きを置くようにしたほうがよいでしょう。

第三者のうわさ話や悪口などの陰口をきかされたときに、一緒になってうわさ話や悪口を言ってしまっては、同じように陰口をいうことになりますから、良くないですよね。

陰口言われた場合は、その話をきくだけに留めるだけにしておくことが重要です。相づちだけうっときましょう。陰口はきいても自分では決して言わないように徹底していると、職場の人間関係を必要以上にかき乱すことにならないでしょう。

明るく挨拶

挨拶をされて嫌な人はいないでしょう。話しかけたくない、苦手だなと思う人もいるでしょうが、明るい挨拶をするだけで簡単に相手に仲間だよと思われます。

仲間、味方なんだと思ってもらえればつっかかってっきたり、イライラされたり、ライバル視されることも少ないでしょう。平等に明るい挨拶をする人になることで、職場では良い人という印象をもたれるでしょう。

嫉妬されることを予防する

集団の中では嫉妬がつきものです。私たちは他人に嫉妬する気持ちをコントロールし、他人の嫉妬心をあおるような行動はしないように心がけると良い人間関係を保つことが期待できます。

自慢話をしないようにする

嬉しいことがあると、つい言いたくなりますが、話相手によっては、自慢だと思ってしまい不愉快に思うかもしれません。お互いにそう思うことはあるでしょうね。

例えば、配偶者や子どもの話は特に気をつけたほうがよいことがあります。相手が独身だったり、子どもに恵まれなくて深刻に悩んでいる人は多いですから、受け止め方が違ってくることがあります。

事務的な報告はするとしても、日常会話で自分は嬉しい内容でも話さないほうがよいことがありますので、職場ではよく考えて話しましょう。

自分の失敗談や弱みも話す

自分の失敗談や弱みは、話さない人が多いかもしれませんが、何もかもが恵まれていると思われてしまうと、反感を持たれることがあります。自分から弱みを見せ相手よりも劣っていることを何気に示すと、相手に嫉妬されないかもしれません。

嫉妬されることを必要以上に恐れない

負けず嫌いな人はいくらでもいますが、特に負けず嫌いな人は人が他の人との線引きがうまくできず嫉妬心が強いようです。ちょっとした会話をしても嫉妬してしまう可能性もあるのです。

そのような人とは必要以上に会話しないほうがよいでしょうね。どうしても一緒に仕事をしなければならない場合には仕事以外の話はしないように心がけ、相手が話しかけてもうまくかわして、深入りはしないと心がけるとよいでしょう。もし嫉妬されてしまってると感じたらできるだけ離れていましょう。

しかし嫉妬されたくないからといって、気をつかいすぎては、心身ともに疲れてしまいます。自分らしく過ごせるようにして、無駄な自慢話などはしないことは心がけて、想定外の嫉妬心は受け入れる気持ちでいることも大事です。

自分の思考の癖を理解する

日ごろから、私たちはトラブルに巻き込まれ、不安や恐怖といったストレスに直面した場合にどういう思考になるのか、理解しておくことは大事です。

自分は悲観するのか、自己否定するのか、あきらめるのか、思考が停止してしまうのか、様々なタイプがありますが、どのような思考になってしまうのか把握しておくとよいですよ。

人間関係の確立の方法や接し方が、想定できて早くに良い状態へ向かえるでしょう。自分がなりがちな思考がわかれば人間関係のトラブルや解決に役に立ちます。

 

人間関係のトラブルが起こった場合の対処法

職場では嫌がらせや嫉妬や派閥などのトラブルに関わることなく平穏に過ごしたいですが、現実的にはなかなか難しいですよね。

自分が悪口を聞かされたり、悪口や無視されてしまうターゲットになってしまったら、どうしたらよいでしょうか。また想定外に嫉妬されることもあるかもしれませから嫉妬から自分を守るために回避の仕方を心構えておきましょう。

悪口をきかされたときの対処

通常は人の悪口は直接本人の前でする人は言わないでしょうが、陰で同意を求められることはよくあるでしょう。

曖昧に返事する

職場で人から他人への悪口をきいた場合にはまず、曖昧に返事をしておきましょう。他人の悪口を言う人は、人間関係を崩そうとしているのではなく、自分の思ったことや感じたことを共感してくれる人をさがしたいのでしょう。しかし、一緒になって悪口をいうのは、絶対にやめましょう。

一度言ってしてしまうと、悪口をいう共有仲間とみなされるでしょう。そうならないためには、なるべく曖昧な返事に留めておくことです。上手に対応するには、話を繰り返して「そういうところがあるんですね」というように言い、同意はせずに、話をオウム返しするとよいでしょう。そのうち言ってこなくなるでしょう。

自分が悪口のターゲットになってしまったときの対処

割り切る

悪口を言われていたり無視されるようなことがあった場合、現実的な方法は割り切ることです。職場では人間関係をうまくやるために行くわけではないとスパッと割り切ると仕事に集中できます。私語はしない、コミュニケーションは仕事の内容だけでいいと思えば、余計な人間関係にまどわされずにすみます。

悪口や無視されることが度を過ぎていじめにまで発展してしまい、精神的に耐えられない場合は迷ってないで、上司に相談したり、会社や各都道府県に相談窓口へ連絡し、1人で抱え込まないでくださいね。厚生労働省ホームページ

発想の転換ができるように訓練する

発想の転換をして、自分は悪くない嫉妬してくる相手が悪いと考えると、随分気持ちが楽になりますよ。他の人から嫉妬されてるのを感じると、自分が悪いような気がしてしまい、落ち込んでしまうこともあるでしょうが、前向きに捉えて、それだけ自分が優れているんだと考えを変えると自信になります。

嫉妬されているという事実を様々な方向からとらえることは大事なスキルです。ひとつの物事を違う捉えるように訓練しておくことで、他人から嫉妬にあっても落ち込まないですむでしょう。

トラブルになっている相手とは接する機会をもたないようにする

トラブルになっている相手とはできるだけ接しないでおきましょう。どうしても接する必要がある場合は業務上の対応だけですませましょう。

自分はその人の前ではロボットだというくらいのイメージをもって、開き直ってもよいでしょう。存在すら感じないほどになると気が楽になりますね。仕事に差し支えないのであればトラブルになる相手のことは気にしないでおきましょう。

無視されている場合は理由を知り改善を試みる

原因を知り解決策を

理由がはっきりすれば、解決できるかもしれませんから、思い返して心あたりはないか考えてみましょう。気に障る態度や発言をしてしまったのかもしれませんよね。わからない場合はできるようなら、勇気をだしてきいてみましょう。

聞くときには、相手の気持ちに寄り添うように「何かあったの?」と優しくきくのがポイントです。なぜ、どうしてという口調できいてしまうと相手は責められていると感じ、逆に攻撃的になるかもしれません。無視する理由をきくのに相手を責めるようなききかたは避けましょう。ぐっと我慢して冷静に対応しましょう。

本人には、ききにくいかもしれませんね。別の人にきいてみようとするときは、自分が相談していることが無視している本人に伝わると悪化する恐れがあるので、ポイントを踏まえて信頼できる人にきいてくださいね。

無視されているときの相談のポイント
  • 無視する相手が尊敬する人に相談する
  • 感情的にならないように相談する
  • 具体的に無視された事例を伝える

無視される理由が納得できるものだったら、素直に相手の気持ちを受け止めましょう。謝罪するべきなら、謝罪し、誤解によるものだったら、誠実に説明などして納得してもらうよう努めましょう。

無視される理由が不明だったり、理不尽なものだったら、相手の問題だと受け入れましょう。反対に無視されてると言いふらされても困りますから、挨拶はしておきましょう。

上司は職場の監督責任がありますから、協力してもらって解決してもらうことも検討してもよいでしょう。

なにがあっても仕事は誠実に真面目にこなす

全員から好かれることは難しいですよね。性格が合う、合わないもあります。ちょっとしたことでトラブルなることもあります。もしトラベルがおきても仕事だけは真面目にこなしましょう。仕事をきちんとしていれば周りからもきちんと評価されますよ。

嫌なことをされたり、悪口を言われも、仕返しを考えるような同じことをしようとすることはやってはいけないことです。

 

まとめ

草, 舗装, れんが, 詩, 石, 道路, テクスチャ, 屋外, パターン, 緑, ビンテージ, 敷石で舗装

女性が多いからとあまり気にしすぎないようにしましょうね。様々な職場で人間関係はめんどうですがトラブルを起こさないように、トラブルが起きても対処できるようスキルを身につけてうまく生き抜いていきましょう。

トラブルを起こさないための予防法
  • 人によって態度を変えない
  • 話すことより聞くことをする
  • 明るく挨拶する
  • 自慢話はしないようにする
  • 自分の失敗談や弱みも話す
  • 嫉妬されることを恐れない
  • 自分の思考の癖を理解す
トラブルが起こった場合の対処法
  • 悪口をきかされたときには曖昧に返事をする
  • 割り切る
  • 発想を転換する
  • 嫌な相手とはできるだけ接しない
  • 無視されている場合は理由を知り改善を試みる
  • 何があっても仕事は真面目に取り組む

悩みは次から次へと生じてしまうかしれません。許せないと思うこともあるでしょう。でも、相手を許せないという気持ちが強くなってしまうと、もっとストレスを抱え込むことになってしまいますよ。許すことは、勇気がいりますが許すことで自分の器を大きくして許せるような方向へもっていきたいですね。許せるということは強さの証です。

弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。

The weak can never forgive. Forgiveness is the attribute of the strong.

引用:ガンジー 名言+Quotes 

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です