失業保険のあれこれを徹底リサーチ!受給に必要な資格とは?

突然ですが想像してみてください。何らかの事情で、あなたが会社を辞めることになったとします。

会社を辞めたあとのあなたの状況として、次のふたつのパターンが予想できます。

ひとつは、すでに転職先が決まっていて、今後の生活にこれといった心配がないパターン。

そしてもうひとつは、まだ転職先が決まっておらず、収入がなくなる状態でどうやって生活すればいいのか不安、というパターンです。

たとえ貯金があったとしても、「すぐに転職先が決まるかなぁ」という不安はぬぐえませんし、転職活動には何かとお金がかかります。

かといって、転職活動のスケジュールなどを考えるとそうそうアルバイトもしていられませんよね。

そんなあなたの味方になってくれるかもしれないのが「失業保険」です。

本記事では、失業保険とはどのようなものなのか、どんな条件を満たせば受給の資格を満たしたことになるのかなど、失業保険のあれこれについて解説していきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • わけあって退職を考えているけど、転職先が決まるまでの生活が不安
  • 自分が失業保険を受けられる条件を満たしているのか知りたい
  • まずは失業保険がどのようなものなのか知りたい

 

失業保険とは?

失業保険とは、

  • 失業中でも生活を維持できるようにするため
  • 失業中でもお金の心配をせず、転職活動に専念できるようにするため

にお金が支給される保険です。

木佐貫
いわば「失業中の生活費調達源」ですね

「なるほどー、失業してもお金がもらえるなら、突然会社を辞めることになっても安心だね」と思ったそこのあなた、ちょっと待って。

失業保険金は誰でももらえるわけではなく、受給にはいろいろと必要な資格があるのです。

こう言われると「なんだか細か~い条件がいろいろあるってこと?」と不安になるかもしれませんが、そこまで心配しなければならないほどの難しい条件でもありません。

失業保険の受給にはどのような資格が必要なのか、具体的に見ていきましょう。

 

失業保険の受給に必要な資格とは?

失業保険の受給には、以下の項目を満たしていることが条件となります。

  • 再就職をする意思、能力があること
  • 就職活動を行っていること
  • 離職までの2年間の間に、雇用保険に12ヶ月以上加入していたこと

3つめの「離職までの2年間の間に……云々」は少々ややこしい言い回しですが、基本的に正社員であれば雇用保険には加入していますので、要は12ヶ月以上会社に勤めていればこちらの条件は満たしたことになりますね。

逆に言えば、会社に在籍していた期間が12ヶ月未満で、この先再就職する意思がないとなれば、失業保険の受給資格はないことになってしまいます。

 

受給資格には例外もあり

さきほど「受給には12ヶ月以上の雇用保険加入期間が必要」と書きましたが、例外として「加入期間が半年でもOK」な場合があります。

それは、「会社都合退職」で失業したという場合です。

「自己都合退職」と「会社都合退職」のちがい
  • 自己都合退職…転職・病気・結婚などの理由で、社員が自ら会社を辞めること
  • 会社都合退職…解雇されるor賃金未払い、多すぎる残業、パワハラなど、会社に問題があって退職せざるを得なくなること

自己都合退職か会社都合退職かで受給の条件が大きく変わってきますので、退職する前にきちんとチェックしておきましょう。

 

再就職の意思、どうやって証明する?

さきほどお伝えした3つの条件のうち、「離職までの2年間の間に、雇用保険に12ヶ月以上加入していたこと」については、雇用保険の加入履歴を見れば一目瞭然ですし、退職後に会社から発行される離職票でも証明できますよね。

では、その他のふたつ「再就職をする意思、能力があること」、「就職活動を行っていること」はどのように証明すればいいのでしょうか。

「私には再就職の意思があります!」、「いま就職活動をしています!」と自己申告するだけで済んでしまうなら、失業手当をもらいながらいつまでもニート生活を謳歌する、なんて行為が横行しかねませんよね。

もちろん、それらを証明するための手続きはきちんとあります。

ハローワークで求職手続きを済ませないと、失業保険の受給申請はできない仕組みになっているのです。

失業保険は、あくまでも「次の職場が決まるまでの生活費」が支給される制度です。

木佐貫
決して「働かなくてもお金がもらえる制度」ではないことを忘れないようにしましょう

 

受給には期限がある

また、失業保険はその人の状況に応じて受給できる期間が決められています。

つまり、受給期間内に転職先を決める必要があるということですね。

受給期間は、年齢や雇用保険に加入していた期間に応じて変わってきます。以下の表にまとまっていますので、確認してみてくださいね。

倒産・解雇等による離職者(就職困難者を除く)図表

引用:ハローワークインターネットサービス

 

まとめ

  • 失業保険とは、退職から転職先が決まるまでの生活を保障してくれる制度
  • 受給にはいくつかの条件があり、自己都合退職か会社都合退職かによってもちがってくる
  • 「ふたたび働く意思があること」が絶対条件!

失業保険の制度を知っておけば、突然の退職にも焦ることなく対応ができますよね。

また、「職場に問題があって退職したいけど、転職先が決まるまではそうもいかないし……」と悩んでいる方も、退職をしてから失業保険を受給しつつ転職活動をする、という選択肢をとることができます。

もちろん、転職先が決まったらハローワークに報告し、失業保険の受給を中止することも忘れないようにしてくださいね。

失業保険を活用して、生活費の心配をせず転職活動を進めていきましょう。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です