仕事が辛い時を乗り越える方法!人間関係の悩みを解決しよう!

「はぁ、仕事辛いなぁー。」そう感じたことは誰もがあるでしょう。辛いなと思う理由って、人それぞれ個人差があるかと思います。実は、その「辛い」という感情はあなたにとって、とても大切な合図なのです。

「仕事が辛いな」と思ったら、「辛くなくなりたい」と思いますよね。「仕事が辛い」と少しでも思ったのであれば、その感情がなくなるためには、今より楽になるためには、どうすれば良いのかについて考える必要があります。

そうしなければ、ずっと苦しいままなのです。決して無理をしてはいけませんよ。早く楽になるための方法を見つけましょう。

仕事が辛いと感じる大きな要因の1つに「人間関係」に関する悩みがあります。

https://twitter.com/crowncrown831/status/1131682980487880704

人間関係で悩むとストレスを感じて仕事が辛くなってしまいます。また、会社に行きたくないと感じてしまうことも考えられます。

そこで、この記事では「人間関係」の悩みにスポットを当てて、仕事の辛さを乗り越えるために人間関係の悩みを解決する方法について紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • 仕事が辛い時を乗り越えたい人
  • 仕事の人間関係で悩んでいる人
  • 仕事の人間関係が辛くて、そろそろ限界が近いかも?と思っている人

 

人間関係は仕事上のストレスの最も大きな原因

仕事上のストレスで最も大きな原因となるのが、人間関係です。

ではどうして、人間関係は仕事のストレスの最大の原因となるのでしょうか。それは、会社には年齢やバックグラウンドの違う人達が集まり、それぞれ考え方も違っているからです。そんなバラバラな人達が一つの組織で同じ目標を持って働かなきゃいけないのですから、当然、問題も発生しますよね。

これは、エン・ジャパンが2015年に行った「仕事のストレス」のアンケート調査の結果です。仕事のストレスにはさまざまなものがありますが、圧倒的に「人間関係」でストレスを感じている割合が高いという事がわかります。

引用:エン・ジャパン

グラフを見ると、「同僚・後輩との人間関係」「上司との人間関係」がダントツで仕事のストレスの原因となっています。

木佐貫
人間関係と仕事のストレスは密接に関わっているんだね。

 

人間関係が仕事にもたらす影響とは?

仕事をする上で人間関係というのは、とても大切なものです。どんな仕事であっても、誰かしらと関係が発生します。

人間関係が上手くいっていない職場で働いていると、仕事を進める上で色々な問題が発生するのです。仕事において人間関係が良好でない場合には、どのような問題が発生するのでしょうか。

良好な人間関係が築けていないと仕事の効率が下がる

人間関係が良好でない職場では、仕事の効率が下がり、業務に支障が出ます。

人間関係が良好な場合、上司・同僚・部下など、社員間において十分なコミュニケーションがあるため、業務がスムーズに遂行されます。円滑なコミュニケーションが行われている場合、意見交換が活発に行われるため、仕事上の問題点を早期に発見できるという効率の良さがあります。

また、人間関係が良好であれば、一緒に仕事をしているという意識も持つようになり、誰かが自分の仕事を認めてくれるという意識を持つことができるため、仕事に対してやる気を持つことができて、どんどん仕事を進めることができます。

しかしながら、良好でない場合、コミュニケーション不足によって業務に滞りが生じる原因になります。そして、コミュニケーションが取れていないと孤独です。だから、誰かが自分の活躍を認めてくれるという意識がなくなり、やる気も失ってしまうため、効率が悪くなる恐れもあります。

もともと、作業環境や労働条件を変えれば、仕事における作業の生産性は上昇すると考えられていました。

しかし、1920年代から30年代に渡って行われた「照明と作業効率の関係を調べる実験(ホーソン実験)」において、なぜか照明の強度に関係なく、実験に参加していた従業員の生産能率が上昇し続けたということが起きました。

一体どういうことなのでしょうか。

アメリカ電話電信会社の傘下にあったウェスタン・エレクトリック社のホーソン工場において,1924年から1932年まで8年間にわたって行なわれた一連の実験的研究をいう。ホーソン研究ともよばれる。

これらの実験からは,物理的条件の変化と作業量の変化に規則的な関係は見いだせず,それよりも,自分たちの仕事ぶりが周囲から注目されているという意識や,作業を通じてお互いの間に生まれた連帯意識が,仕事への意欲を高め,作業量の増加につながることが明らかにされた。このように,実験変数の直接的な効果ではなく,実験に参加し周囲から注目されているという意識が被験者の行動や成績に影響を与える現象は,後にホーソン効果とよばれるようになった。

これらの実験がもたらしたものは,生産性に及ぼす従業員の意識や感情,士気の重要性であった。

ホーソン実験は,人びとの感情や人間関係という社会心理学的視点を経営に導入した点で,それまでの科学的管理法を主体とする労働観とは一線を画するものであり,後の産業社会学の成立へとつながった。

引用:コトバンク

この実験からわかったこととは、つまりこういうことです。

  • 周囲から注目されているという意識が仕事のモチベーションを高め、労働環境が悪くても生産性を高める
  • 作業環境ではなく、自由な雰囲気・責任感・自尊心・心理的な満足感・仲間と相談しあえること・面倒見のよいリーダーがいることが、生産能率を上昇させる
補足
自尊心とは、自分の人格を大切にする気持ちのこと。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度のこと。

参考:コトバンク

木佐貫
誰かが自分のことを評価してくれる環境や、仕事仲間との良好なコミュニケーションが存在すれば、仕事の効率は上がるし、きっと人間関係の悩みもほとんどないんだろうなー。

メンタルへの影響も

近年、テレビや新聞などの報道でよく見聞きする機会も多いので、ご存知の方も多いかと思いますが、仕事上の人間関係が原因となり、メンタル面に異常をきたすことがあります。うつ病などの精神疾患を発症する人が後を絶ちません。

人間関係で悩むと「辛い」「苦しい」などの感情を抱きますが、その気持ちを無視して頑張りすぎてしまうのです。

私の友人は、職場の人間関係で悩み、「仕事が辛い」と感じていました。そして、無理をして仕事を続けたことにより、うつ病になってしまって働くことが困難になってしまったのです。

その友人は会社を辞めて、病気の治療に専念することになりました。それから数年が経ち、やっと今年に入ってから、仕事ができるようになるまでになりました。友人は「あの時、無理しすぎなければよかったな。」と話していました。

このように仕事の人間関係の悩み頑張りすぎてしまうために、精神疾患を発症してしまい、働きたくても働けない状態になってしまうのです。

木佐貫
人間関係の悩みが原因で働くことが困難になると、給料が入ってこなくなるなど、生活にも支障が出てくるかもしれないね。

 

仕事の人間関係の悩みとその対処法

気を遣いすぎて辛い時

仕事において周囲の人に気を遣い過ぎると、とても疲れちゃいますよね。職場の人や取引先の相手などと価値観が合わない時とか、対人コミュニケーションが得意じゃないけれど、たくさんコミュニケーションが必要になる時は辛くなってしまう可能性があります。

もしかすると、自分が仕事で関わる人たちに対して「関係が悪くなってしまうんじゃないか」とか「嫌われてしまうんじゃないか」という不安が強くなってしまうため、気を遣いすぎてしまうのかもしれません。では、仕事上の対人コミュニケーションをどのようにしていけば楽になれるのでしょうか。

1.自分の個性を認めよう

まずは、自分の個性を認めることから始めてみましょう。

あなたは、自分のことを受け入れてもらえないんじゃないかという心配から相手に気を遣い過ぎるのではありませんか。他者の目を意識しすぎていて、自分に自信を持てなくなってしまっているのです。

例えば、うまく人と話すのが苦手で、会社の人と話をするのも緊張するというBさんがいたとします。Bさんは仕事で職場で同僚や上司に「自分は話すのが苦手で、オドオドしてしまうから、受け入れてもらえないかもしれない」と思い「嫌われないようにしなきゃ」などと思って無理をして気疲れするのです。

この場合の「話すのが苦手」というのも1つの個性です。別に何も悪いことではありませんよね。だから、自分の個性を認めてあげましょう。自分の個性を認めることで、自分に自信を持つきっかけになります。そうすれば、自分を受け入れてもらえないかもしれないと悩むこともなくなるでしょう。

2.1つのことに集中することを意識する

気を遣いすぎて疲れてしまったと感じてしまった時には、自分がやらなきゃいけない最優先すべき事項1つに集中するようにしましょう。

人間関係で気を使いすぎる人は、周りの人のあらゆることが気になってしまって、放っておけない状態になっています。

そういう人ってすごく心のあたたかい親切な人だと思いますし、それ自体が悪いことという訳ではありません。しかし、疲れてしまうのであれば、もっと自分のことに集中するべきですよね。

だから、自分の目の前にある優先しなければいけなこと1つに集中して取り組むことを心がけましょう。

木佐貫
最初は集中するのが大変だと思うから、「15分くらい集中する」ことから挑戦するといいよ。重要なことだけ気にかけるようにすれば自分の仕事も早く片付けられるし、案外、集中するくせが身につくと周りの人のこともそんなに気にならなくなるよ!

苦手な上司・同僚・部下がいて辛い時

どんな職場にも苦手な上司・同僚・部下はいることでしょう。苦手な人と上手に付き合うのってとても大変ですよね。そのような場合はどのように接していくことが大切なのでしょうか。

1.相手の良いところを見つけよう

苦手だなと思う相手がいて辛い時には、相手の良いところを探してみましょう。1つくらいは良いところを見つけられるんじゃないでしょうか。

別に直接仕事に関することじゃなくても良いんですよ。例えば、「机回りがきちんと整理されている」とか小さいことでも良いのです。

苦手意識を持っていると、相手の嫌なことにばかり注目してしまうのです。相手の苦手な部分だけがが自分の中でピックアップされるために、苦手だったのが嫌いになって受け付けられなくなってしまうんですよ。

良いところについて考えてみれば、冷静にその人のことを考えることができますよ。

木佐貫
そういえば、以前働いていた会社で、すぐ怒鳴り散らす苦手な上司がいたけど、ネクタイがオシャレだったな。奥さんのセンスがよかったのかなー。家族に愛されている人なのかも!そういえば、あの上司の良いところは、家族思いなところだったなー。

2.挨拶や報告・連絡・相談などの最低限のコミュニケーションだけは徹底しよう

苦手な人と比較的楽にコミュニケーションを取ること可能になるのが「挨拶」です。「挨拶は丁寧に」というのを心がけてきましょう。挨拶をきちんとしておけば、相手に悪い印象を与えなくて済みます。

また、報告・連絡・相談については、嫌いな相手ほど徹底しておかなくてはなりません。

なぜなら、これらをおろそかにしたことにより、「報告を怠ったのが悪い!」などと、仕事で発生した問題の責任をなすりつけられる可能性だって考えられます。

「挨拶」にしても「報告・連絡・相談」にしても、社会人の最低限のマナーとして欠かしてはいけないものですね。これらのことができなかったら「こいつ最低限のマナーができないんだな。仕事もきっと出来ないんだろうな。」という悪い印象を与えてしまうことだって考えられます。

苦手な相手に悪い印象を与えてしまうと、どんどん関わるのが辛くなっていってしまう可能性が考えられます。

木佐貫
苦手な人との関わり方をミスしてしまうと、さらに苦手な人との溝が深くなってしまうね。そうすると、職場での居心地が悪くなってしまうかもしれないなー。そうならないためにも、相手に対して苦手意識を持っているという態度を出さないように気をつけるべきだね。

嫌なことを言われて辛い時

仕事のなかで、理不尽なことで怒られたり、嫌味や皮肉を言われたりする場面があるでしょう。そういう場面って予期せず訪れることもあるので、とても傷つきやすくなってしまいます。

木佐貫
急に嫌なことを言われた時、言い返してやりたいんだけど、まずショックを受けてしまうんだよね。そうすると何も言えないし、そういう自分にもイライラしてしまったことがあったなー。

1.とにかく受け流そう

嫌味や理不尽なことを言われた時、気にしすぎていませんか。そういった時は「受け流す」のが1番です。気にするなと言われても、気になってしまうし、傷ついてしまうのは仕方がありません。しかし、いちいち気にしていたらずっと辛いままです。

言い返すのもお勧めしません。言い返していたら、嫌味をいう相手と同じ土俵に立っているだけです。周囲からは低レベルな争いにしか見えませんよ。

なぜ受け流すのが良いかというと、受け流すことが癖になれば、これまで自分の心にグサグサ突き刺さっていた嫌味や理不尽な言葉たちが気にならなくなるのです。

私の知り合いに上司にとても嫌味を言われていた人がいます。その上司の嫌味以外は、仕事の不満はなかったのですが、顔を合わせるたびに、嫌なことを言ってくるのでとても傷ついていたそうです。しかし、このままでは、会社に行けなくなってしまうと感じ、嫌味を受け流す努力をしたそうです。

それにより、今まで悩んでいたことが嘘みたいに気にならなくなったらしいです。しかも、その知り合いが気にならなくなっていることを察したのか、何も言わなくなったそうです。

木佐貫
「またあの人、私に嫌味を言っているな。」と察知したら、聞き入れないようにすれば良いんだね!

2.決して陰口は言わないようにしよう

嫌なことを言われた時、それを言ってきた相手の陰口を言ってしまうというのはよくあることかと思います。ですが、絶対に言わないほうがいいと思います。

なぜなら、陰口というのは、回りに回って本人の耳に入ってしまうことがあるのです。聞かれていないだろうから平気だろうと油断していると、偶然運悪く、その相手が通りかかって愚痴を聞かれてしまうことや、愚痴った相手が誰かにうっかり話してしまい、それが相手に伝わるということも考えられます。

もう本人の耳に入ってしまうと、あなたもその相手に「嫌なことを言っている」ことになります。そうなると、あなたも相手とやっていることは同じです。

もし辛いというのであれば、上司や担当部署への相談をしたり、会社と関係のない友人などに相談に乗ってもらったりしましょう。

パワハラを受けていて辛い時

これに関しては、自分自身ので相手との向き合い方を変えるというのは非常に難しいでしょう。でも黙って辛い思いを続けるわけにも行きません。解決へ動く必要がありますよね。では、パワハラで辛いという場合、どのような解決の仕方があるのでしょうか。

パワハラを受けた時の解決に向けた行動

1.どんなことをされたのか記録する

ハラスメントにあたる行為を受けた場合は、いつどこで誰が何を何のために(5w1h)したのかを記録する。メモや録音などで記録を残しておくと、後々の事実確認などで有効。

2.周囲に相談する

パワハラは我慢していても解決せず、それどころかエスカレートする可能性がある。同僚や上司に相談し、周りの協力を得ることで、パワハラを行う本人が自らの行為に気づく場合がある。

3.会社の窓口や人事担当者に相談する

上司に相談できない場合は、人事部や社内相談窓口に相談する。会社等の組織は、相談者が不利益にならないよう、プライバシーの確保を配慮することを求められている。

4.外部の相談窓口に相談する

社内に相談窓口がない場合や、社内では解決できない場合は、外部の相談窓口に相談する。全国の労働局・労働基準監督署にある総合労働相談コーナーは、無料で相談を受け付けていて、電話でも相談ができる。

参考:明るい職場応援団

また、こちらではパワハラに関する記事をまとめています。さらに詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。

パワハラ全まとめ

2019年3月23日
木佐貫
パワハラの被害に遭ったら、1人で悩まないことが重要です。行動することも勇気が必要で大変なことですが、今の状況からいち早く抜け出しましょう。

 

もう限界!と思ったら辞めるというのも選択肢の1つ

もう限界だ!と思ったら、仕事を辞めるというのも1つの手です。今働いている会社を辞めて、別の会社に転職しましょう。

もしかしたら、職場の人間関係を改善したい、悩みを解決したい、まだ大丈夫だと思って頑張ろうとしているかもしれません。ですが、一度壊れた人間関係の問題を解決するのには相当時間がかかります。頑張りすぎるとそれがストレスの原因になってしまうのです。

それに、転職活動はとても気力が必要です。時間も体力もたくさん使います。だから、病気になってからじゃもう遅いんです。その時には動き出せなくなってしまっているかもしれません。だから、限界が来てしまう前に決断をすることが大切です。

また、転職をする際には、転職エージェントを利用することをお勧めします。というか、絶対に利用してください。

「転職エージェント」とは、人材紹介会社(人材バンク)に所属し、転職・キャリアコンサルティングのスペシャリストたちの総称です。

多くの企業との接点を持っており、企業から求める(募集する)人材の紹介を依頼されています。一方で、転職を希望している方向けに、企業の求人のなかからあなたに合った求人を提案しマッチングを行います。また、選考対策やキャリア診断などさまざまな転職サポートを無料で提供しています。

引用:マイナビ転職エージェントサーチ

転職エージェントでは、プロの転職サポーターが転職の手助けをしてくれるのです。つまり、効率よく転職活動を進めていくことができます。費用も無料ですし、利用しない理由がありませんよね。

さらに、人間関係の悩みから転職を決意したとなると、次の会社の人間関係にも不安があるんじゃないでしょうか。人間関係が原因で転職したいという人は多いため、転職エージェントでは、企業の職場の雰囲気や人間関係といった情報も入手しています。

そういう情報は個人で入手するのは困難です。だから、転職エージェントを利用すれば、次の職場では、絶対に人間関係で悩みたくないと考えている人も安心して転職できますよ。

転職エージェントには、色々なものがあります。どの転職エージェントを選んだらいいのか迷ってしまう方もいることでしょう。そういう時には、こちらの記事を参考にしてみてください。

30代おすすめの転職エージェント3社比較!【8回転職できた理由】

2019年3月25日
木佐貫
私も転職エージェントを利用して転職を成功させた経験があります。一人で必死になってやっていた時は、失敗続きでした・・・私の転職体験談も是非参考にしてみてください。

転職8回!30歳の既婚子持ちの男が未経験業界に転職したストーリー

2019年3月24日

また、仕事を辞めたいと思っていても、なかなか言い出せない状況だったり、上司に引き止められたりする場合も考えられます。そんな時には、「退職代行サービス」を利用することもできますので、安心してください。

退職代行サービスについて、詳しく知りたい場合にはこちらの記事を参照してください。

退職代行業者ランキング!価格や評判、サービスを徹底比較!

2019年4月6日

 

まとめ

ここまで、仕事の辛さを乗り越えるために人間関係の悩みを解決する方法について紹介してきました。いかがだったでしょうか。

今回の記事で紹介したことを簡単にまとめます。

まとめ
  • 仕事上のストレスの最大の原因は人間関係
  • 良好な人間関係が築けていないと仕事の効率が下がる
  • 人間関係はメンタルへの影響も考えられる
  • もう限界!と思ったら辞めるというのも選択肢の1つ

また、人間関係の悩みを解決する方法はこちらの通りです。

人間関係の悩みを解決する方法
  • 気を遣いすぎて辛い時
    1. 自分の個性を認める
    2. 1つのことに集中することを意識する
  • 苦手な上司・同僚・部下がいて辛い時
    1. 相手の良いところを見つける
    2. 挨拶や報告・連絡・相談などの最低限のコミュニケーションだけは徹底する
  • 嫌なことを言われて辛い時
    1. とにかく受け流す
    2. 決して陰口は言わない
  • パワハラを受けていて辛い時
    1. どんなことをされたのか記録する
    2. 周囲に相談する
    3. 会社の窓口や人事担当者に相談する
    4. 外部の相談窓口に相談する
こういった悩みを持ち続けてしまうとどうしても「どうすれば解決できるのか」という考えにシフトしていくのが徐々に難しくなってしまうかと思います。是非一度ご自身で記事を参考に少しずつ実勢してみはいかがでしょうか。
木佐貫
この記事を読んだあなたが、人間関係の悩みを無事に解決し、仕事が辛くても乗り越えられることを願っています。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です