人間関係に疲れた!仕事もう嫌!なあなたに贈る対処法まとめ

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?


スポンサーリンク

人間関係に疲れた時の処方箋

人間関係に疲れてしまって仕事をしているあなた、またはちょっと疲れてきているかなと思っているあなた。そんな仕事さっさと辞めてしまいましょう。

そのまま行くと、病気になったりしたりといい事が何にもありません。ですが、やめる前にちょっと踏みとどまって考えてみませ
んか。

最終的には辞める選択肢を取るのが一番ですが、家庭の事情で、借金が、など気軽に
仕事をかえる事ができない方が大半だと思われますので。

そんな皆さんに、どんな原因が
あってどんな対処法があるのか,
やめる前に現状できる事を試してみる。

それでも無理なら、辞めるために必要な事を考える。

そっかじゃあ「やめちゃえ」で後先考えないで、「やめるんじゃなかった」とならない様に。など色々とご紹介していきたいと思います。

仕事をかえる理由でかなりの割合を占める「人間関係」

会社に関わる上で窓際部署にでも配置にならなければ、切っても切れない人間関係。
そんな、人間関係に疲れた原因も人によって様々です。

  • 人の目を気にしすぎてしまう
  • 相性が合わない
  • 競争に巻き込まれるのが嫌
  • 言葉の裏を考えてしまう
  • 自分の気持ちを上手に伝えられない
  • トラブルに対応
  • 様々な職位の人がいる
  • 自分の味方がいない
  • 上下関係がある
  • 成績が人によって違う
  • 年齢と立場が逆になる場合もある
  • 性格が歪んだ人がいる
  • 気を使いすぎてしまう
  • 自己評価が低い


つらつらと一通りの原因を書き並べて見ましたが、皆さん会社勤めをされた方なら当てはまる人が結構いるのではないでしょうか。

「うわ~、あいつが~」等色々な感情がぐるぐると頭の中を駆け巡っているでしょうが、筆者も結構経験してるのでかなり気持ちはわかります。

ただ、そのまま気持ちを落としてもしょうがないのでこれからいくつか対処法をお伝えしますね。

その前に、ネットで簡単にできるストレスチェックがありますので、まずそちらを受けて自分の現状を確認しましょう。そして、うつ病などの疑いありという事であれば心療内科を受診して治療しましょう。

その前の段階でしたら、このまま、読み進めて頂いて構いません。もちろん、チェックを受けられた方も流れを知っておく事で、今後どう動いていけばいいかという目安は立てられますので読み進めるのもいいと思われます。

人間関係に疲れた・・・そんな時の対処法!

1. 自分の考えをかえる
2. 身近な人に相談する
3. 第三者に相談
4. やってはいけない事

の4つをご紹介します。あなたの心を軽くするものや、人間関係を改善するものまで様々な方法をラインナップ!職場の人間関係で悩んだときは、ぜひ試してみてくださいね。

1.自分の考えを変える

人間関係で疲れてしまう人の特徴として、一人で何でもかんでも頑張ってしまうタイプ
す。

こういった方は頑張っている事が当たり前となっているので、頑張っている事に自覚がないんですよね。

頑張っているところに更に「私がもっとがんばらないと。」と仕事に今以上に励んで自分で自分を追い込んじゃっているんですよね。

この状態になると疲れが溜まってきて、心の病を発祥する等の負の連鎖がスタートするきっかけが、いとも簡単に出来上がっちゃうんですね。

その後のストーリーを考えると、こういう記事を読まれている皆さんなら想像する事は難しくないと思われます。私も頑張ってと同じ道を辿ってきたから。

ですが、対処法を知れば初めに述べたとおり選択肢が増えます。選択肢が増えれば選ぶ事ができます。

選べる状況を沢山作っていきましょう。あなたの人生がより良いものにするために。

では、どういうふうに変えていくか自分に合う、もしくはやってみようという事でできる事から少しずつ行ってみるのがいいと思います。

1.これだけは「負けない」という得意分野を持つ

 これは結構効きます。「芸は身を助ける」ではないですが,、その字の如く一芸に秀でる場合は大抵ピンチヒッターなど重宝されます。

一芸に秀でて人格的に人道的でない等たまにいらっしゃいますが、大抵の場合よき人格者でもあります。よっぽど傍若無人に振る舞いでも
しなければ特に問題はありません。汎用性の高さもあると思いますが、転職をするのでも重
宝されるほどのスキルを持っている事は、一石二鳥という事でとても有効です。自分を磨く
事によって心も磨き、みんなにも重宝されて、その頃には仕事の生産性も上がる、転職も有
利です。一石二鳥ならぬ一石三にも四にも増やせます。私個人としては、是非こちらをお勧
めします。人生を長期スパンで捉えるならメリットは計り知れません。

2.他人への過剰な期待はやめる

仕事が慣れてきたり、職場の仲間とコミュニケーションなどを取っていくと仕事を頼んだり
頼まれたりとの事が増えてくると思います。
そこで、「あの人なら、任せても大丈夫」と期
待して頼んでみたのはいいけれど、「ごめん、まだ手をつけてないんだ」、「忙しいから無
理」、「ああ、やった」と頼んだけれど仕事の出来が悪い、とかいい人だと思ったのに断ら
れた等あると思いますが、その期待は相手に見合ってますかというがあると思います。こち
らが期待しすぎているとお互い損をするだけなので、低めに見積もっておくのが吉です。

3.聞き上手になってみる

自分が話を聞いてくれている時にこの人、「私の話を良く聞いてくれているなぁ」と感じた
事はありませんか。自分の話を熱心に聞いてくれたりしてくれる人に人は好感を持ちます。
自分が話しかけて、「それ知ってる」とか「ふ~ん」とかそっけない態度を取られると「イ
ラッ」としたり「この人と話すの嫌だな」と思いますよね。自分が思っていることは基本的
に相手も同じ事を思っていると思うと楽に改善できると思います。

4.過度にいい人をやめる

人間みんなに褒められたりすると、「もっと褒められたい」「好かれたい」など気分が良
い物ですが、それによって自分の体調を心を害するようなら時には角がたたないように断る
のも手です。確かに仕事を手伝ってくれたりすれば相手は喜んでくれるでしょう。ですが、
それをずっと続けて自分が歪みませんか?
時には、言いたい事をいったり、きっぱりと断りま
しょう。過度に嫌われる事を恐れてはいけません。十人十色という言葉にもあるように、万
人に好かれるのは不可能です。限りなく近い形にもっていけますが、まず、疲れきっておわ
ります。今日から誰にでも好かれる「いい人」やめてみませんか。

5.相手を変えようとしない事

自分も以前経験がありますが、「相手がこうしてくれれば・・・。」など他力本願というわ
けではないですが、相手ありきで「もっとやってくれないかなぁ」など色々考えて、やって
くれるけど一向に変わってくれない。
そして、イライラが募って相手に無関心になったり、
と悪い負のスパイラルに直行します。そうならないように・・・・相手を変えようと思った
ら自分を変えましょう。そちらの方が断然早いです。精神衛生上あんまり相手を変えようと
して悩むのはやめましょう。

6.全ての人と平等に接する事

例えば好かれている上司、嫌われている上司で仕事を頼まれた時、提出した時、反応が違い
ますよね。ちょっと失敗してしまった時や仕事の出来が良い時、悪い時でも反応がハッキリ

と分かれるはずです。そんな時にあなたはこう思ったことはありませんか。「理不尽
だ・・・。」
ある程度慣れてきてしまうと、「またか・・・」となってしまいますよね。
「自分がされて嫌な事は人にしない」という事で関わる人全て平等に接してみましょう。
かなり難しいですが、私はこれを試してみて劇的に変わりました。確かに、初めはしんどい
です。色んな人間に媚をうっているとか、色々陰口をいわれたりしたりしたこともありまし
た。ですが、続ける事によってかなり効果はあります。何より、仕事をまじめにやっている
前提ですが、信頼度が段違いになってきます。嫌いな上司にも、好かれている人にも等しく
自分から率先して挨拶をしましょう。それだけでもだいぶ効果があります。「おっ、あいつ
変わったな。」と周りの反応が少しずつ変わってくるはずです。きっかけは挨拶から。これ
なら苦にならないはずです。ただ、新しい職場などの方がやりやすいです。
好かれるために媚びると媚び続けなければなりません。また、贔屓をしたなら贔屓し続けな
ければなりません。それは続けられる事ですか。
長期スパンで物事を見た時にとても有効な
事です。

7.自分を過小評価しない

このタイプの方は忙しいなど、仕事をしていて周りの評価などを気にしすぎてにっちもさっ
ちもいかなくなっちゃう事がありますが、そこのあなたちょっと深呼吸してみて、自分の作
業量などを改めて見てみてください。量と質と時間を。客観的に見てみると意外と「私こん
なにやってたんだ。」
となることが多いです。現状を今一度見直してみましょう。
3つをみ
てみて周りと比べてみればちょっと自信が沸くかもしれませんよ。

8.プライベートな話題を共有する

程度の問題で家庭の事情を話す必要はないですが、自分の事を相手に知ってもらうという事
で親密になろうということ
ですね。相手がプライベートな事を話してくれたら、自分と仲良
くなりたい。秘密の共有というと大げさですが、趣味など色々軽い程度でも話をすることに
よって相手の関係が変わる事は良くある事です。昨日の
TVの事など軽い事など少しでも共
有してみませんか。相手の話題作りにも一役買うはずです。そうすれば自然と会話も増える
はず。

9.36計逃げるが勝ち

嫌な事から逃げる事は別に恥ではありません。辛い事も沢山あると思います。そんな時はお
休みを取ったりして逃げてしまいましょう。頼れる人にササッと仕事を振ってしまうとか。
子供みたいな行動ですが、時にはそんな事も気が休まるものです。

2.身近な人に相談する

親兄弟や、友達や職場に相談できる人はいらっしゃいますか?もしいればその人たちに今の
悩みを打ち明けてみるのがいいかもしれません。

但し、職場の場合は辞めるなどの話はまずしない方が賢明です。辞めようという人にアドバイスをくれるという人はまずいません。
世知辛いですが、転職を何回か繰り返してる経験上余り宜しい結果になった記憶がないです。上司や他のみんなにバラされて、あっという間にピンチに。まあ、たまたま移るのが確定していてバレても問題ない状況でしたので。職場の同僚であれば相談内容は考えましょう。

スポンサーリンク

3.人事や第三者に相談する

2に付随する形になりますが、同じ部署などではなく他部署などに相談してみるのもいいと
思います。小さい会社だと上司が色々兼任されてる事が多いので難しいかもしれませんが。

4.やってはいけない事

会社に所属していて人間関係で辛い事は沢山あります。ですが、社会人としてやってはいけ
ない事、宜しくない事があります。それは、嫌いな人の陰口を叩いてストレスを発散する事
です。カラオケルームなど完全防音個室などで叫ぶならいいのですが、職場でうっかり他人
の悪口を言ってしまった時のリスクは計り知れません。他の人、特に上司や噂好きの上司に
聞かれた日にはもう目も当てられません。我慢しろともいいませんがストレスの発散の仕方
と場所は十分に考えましょう。
また、会話の中で上司など他人が人の悪口をいっている中で
同じように頷くのもアウト
です。長いものに巻かれろとは良く言ったものですが、巻かれ方
も気をつけないと足元をすくわれます。

以上が対処法とタブーになります。自分ができる事から試してやってみて下さい。劣悪な環
境などでなければ改善する事は多いです。

スポンサーリンク

それでもダメな場合は、辞める準備をしましょう

色々と対処法を試して見たけれど「私にはやっぱり無理だよっ」という方には、最後の手
「転職」です。さあ、「辞めるぞっ!」で辞めてしまって生活が成り立つならいいのです
が、年齢がある程度いってしまっているといざとなった時に困りかねません。大まかな順序
としては、転職サイトやハローワーク等で就業先を決める。中々難しい場合でも預貯金など
十分に吟味して長期戦になっても大丈夫というならいいのですが、そうでない場合は我慢し
て次が決まるまで耐えたほうが無難です。

転職が決まったら

会社に辞める旨を伝えていくのですが基本的に「円満退社」にしましょう。何でか。どの業
界業種でも誰がどのように関わっているか分かりません。次のところに行ったら前の会社の
系列や人物が意外な形で関わっていた。なんてことは結構ザラです。なので円満退社にして
おいた方が勿論無難です。下手な事をしてあの人どんな人と言われたら次の新天地が茨の道
になります。
会社を変えるのはそう簡単な事ではありませんし転職が全てを解決できるわけ
ではありません。最後の最後に会社を去る手段として肝に銘じて置いてください。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です