会社を辞めたい場合はどうする?40代独身女性の悩み解決!

いくつになっても「会社を辞めたい」と考えることってあると思います。こればっかりは年齢も性別も関係ありません。でも年齢が上がるにつれて転職は難しくなる。

特に女性の場合、40歳過ぎると求人数も採用数もガクッと落ちると、前職の同僚が嘆いておりました。役職なんかが付いていないとさらに厳しいとか。

そこで今回は、40代の女性が会社を辞めたいと思った時に、まずは誰に相談するべきなのか。正しい判断を下すお手伝いができる情報を集めてみました。

まずはプロに相談してみよう

辞めたいなと思い始めたら、まずは転職エージェントに相談しましょう。転職を決めてからではありません。思い始めたらすぐにです。
参考:転職ならリクルートエージェント

転職も20代30代の時とは違います。転職するには情報が重要ですが、40代の転職は圧倒的に情報数が少ないです。女性の場合はなおさらです。結婚・出産を機に家庭に入る人も多いですからね。必然的に分母が減っていきます。

なので転職エージェントが貴重な情報源になります。しかも現場を知っているリアルな情報です。

私自身は転職エージェントに相当お世話になりました。有名所の転職エージェントに少なくとも一度は話を聞きに行きました。

自分一人で活動するのはかなりツライです。

一人で悩むよりはまず相談です。

エージェントから有益な情報を得られる

40代女性の転職情報は本当に少ないです。正社員となるとなおさらです。職場を見渡してみても、正規社員の人って少ないと思います。実際、私が経験した仕事で思い返してみても、パート・アルバイトは多かったですが、正社員となると1人2人いるかな〜といった感じでした。

そんな状況だと職場での相談も難しいし、友人も正社員で働いている人も少ない。身近で相談相手を探すことが難しかったりします。

その点、転職エージェントはその道のプロですし、現場でのリアルな声や、現状を数字で示してくれます

転職市場の動向、相手先企業の情報や現状、どんな人間が好かれるとか、これまでの傾向的にどんな人が受かるとか、ちょっと聞きにくい条件面の交渉とか。エージェントが間に入ってやってくれるので、交渉が苦手な女性であっても安心して転職活動をすることができます。

さらには転職エージェントだから知っている裏情報なんかも教えてくれます。

私の同僚は、40代という年齢での転職に悩んでいた時に、実は30代よりも40代の方が歓迎される場合があることを教えてもらった、と言っていました。

30代より40代が有利な理由とは?

なぜ歓迎されるのかというと、同じ既婚者でも30代だと妊娠出産の可能性が高いですが、40代だとその可能性が低くなるからだそうです。

これは結構納得ですね。

マタハラだという声も上がってきそうですが、せっかく教えても長期休暇を取られたくないと思っている職場が多いのも、悲しいことに事実です。事実ですがそのおかげで40代の女性にとっては有利な市場で勝負することができるとも言えます。

子育てが一段落した主婦はパワフルですし、責任感があるので会社としても採用のレベルに上げてくるのではないでしょうか。

自分のライフスタイルやキャリアに合っているなら、そういった職場を探すこともありです。ただこんなリアルな話は求人情報には載せないことなので笑、エージェントからしか聞けない情報になりますよね。

デリケートな話ですが、色々な業界や業種のリアルな情報を持っている転職エージェントから、聞ける情報は全部聞き出しましょう。

コネになりそうな人に相談する

40代まで働いていた人なら、以前働いていた同僚や取引先に、一緒に働けるように手を回してくれる人が何人かいるはずです。そういった自分を評価してくれていて、ある程度人事に融通がきく人に相談してみましょう。

コネなんて恥ずかしいから嫌だなと抵抗がある人もいるかもしれません。でも自分の働いている姿を知っている人のコネなら、全然使っていいと思っています。転職が難しい年代だからこそ、使えるものは使うべきです。

私の友人はよく仕事終わりに飲みに出かけては、飲み屋のいたる人と仲良くなってました。
そうすると自然とコミュニティが出来て困ることがあったら飲み仲間に助けて貰っていましたよw

その友人は結局転職したのですが、飲み仲間の紹介の企業で今は働いています。
すごいですよね!人脈って。

私の以前の職場では、紹介で正社員として中途採用される人が結構いました。
企業としてもどんな人材なのかを履歴書だけではなく知ることができますし、採用される側としても、どんな会社なのかメリットデメリットをあらかじめ知っておけますからね。

WINWINな関係なんです。

なのでコネに対してネガティブにならずに、前向きな気持ちで相談してみてください。
私の友人の様な行動力も時には大事みたいですよ! 飲み仲間を作りましょう!笑

相談したら残る利点と辞める利点を比較

転職エージェントやコネがありそうな人に相談したら、今度は具体的に転職することのメリットデメリットを比較します。

比較ポイント
  • 年収
  • 年金
  • 退職金
  • 就業時間(残業ありなし)
  • 福利厚生
  • 職場環境
  • 通勤時間

それぞれ現状と転職した時とを書き出して比べてみます。お金関係は下がらないことが理想ですが、なかなか難しいところ。自分の生活に支障が出ない程度の減給なのか、生活が苦しくなるのか。
大きなポイントになります。

「わ〜い仕事めっちゃ楽しくなったけど家賃払えない〜泣」なんてことになったら本末転倒ですからね。楽しいと仕事で生活出来るバランスって本当に難しいです。

あと意外と見逃しがちですが、年金と退職金も大切です。定年まで働く可能性が高いわけですから。定年後の生活の見通しが立つかも重要なポイントになります。

それと病院に行きやすいかどうか、これ意外とめっちゃ大事です。自分もそうですが、40代になると家族も病気になるリスクが高まります。
家族や自分が体調を崩した時に、気持ちよく休めないと居づらくなったりしちゃいますよね。

以前の職場では、どんなに仕事ができても、急な休みを取ると非国民扱いされました。ずっと営業成績トップの人が、何日間か嫁が体調悪くて休んだだけなのに。なんて心無い人たちの集まりなんだとうんざりしましたね。

持病がある状態での転職となるとさらに厳しくなるので、いざという時に休みを取れる職場なのかどうかは重要です。

情報を集めたらとにかく比較検討しましょう。定年まで働く可能性が高いので、自分が妥協できない部分がある時は現状に止まることも得策かもしれません。

まとめ

今回は40代で仕事を辞めたいと悩んでいる女性の為に、どんな相手に相談したらいいのかをお話ししました。

・とりあえず転職エージェントに相談して有益な情報を聞き出す
・使えそうなコネを持っている人にお伺いをたててみる

相談相手から情報やアドバイスを聞くことができたら、現状と転職した時を比較して、本当に辞めることが有益なのか考えます。

現状の方が将来的にみて良いいのか、転職した方が良いのか。メリットデメリットを徹底的に比較してください。定年まで働く可能性が高いですから、ライフスタイルとのすり合わせも大事になります。後悔しない選択をしてくださいね。

無職になっても死にはしない
次に、「無職になっても死にはしない」ということ。これを読んでくださっている方の中には、今まさにブラック企業で働いている、という人もいるでしょう。辞めたい、でも辞めてから次の仕事を探すとか計画性がないと思われて内定をもらえないのでは。そんな不安で辞める踏ん切りがつかないという方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。この転職活動で実感しました。命あっての仕事です。自分の命を大事に、とんでもない企業からはさっさと逃げ出しましょう。

引用:文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/4228?page=3

まあこんな感じの考え方がちょうどいいのかもしれないですね。

色々書きましたがもっと豊かに暮らすには気の持ち方が重要になりそうですね。一つの企業にしがみつく必要は当然ありません。

自分の心と相談をして何が一番大切なのか。
それを考えるきっかけになってくれれば嬉しいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です