会社をクビになった!退職金は?生活費は??お金のあれこれ

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?
木佐貫

みなさん、初めまして。

木佐貫と申します。

いきなりで申し訳ありませんが、もしあなたが会社をクビになったとき貰えるお金を連想したときに何が出てきますか?

大抵の方は、退職金が出てくると思います。

今回は、退職金とそれ以外のお金についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【退職金について】

まず初めに、退職金についてお話いたします。

退職金とは、今働いている会社を退職したときに貰えるお金のことです。ただし、会社で働いているからと言って退職金が必ず貰えるとは限りません。

退職金が貰える条件について

木佐貫

基本的に、退職金が貰える条件というものは、働いている会社の就業規則に記載されています。会社によって規則は違ってきますので、必ず確認をするようにしましょう!

退職金が貰えない例

代表例として、【懲戒解雇】

懲戒解雇になる例は、幾度の遅刻や無断欠勤、就業規則を守れないなどです。

木佐貫

懲戒解雇になってしまって退職金が貰えない…と悲しむ必要はありません。まだ、希望はあります!

懲戒解雇になっても退職金が貰える可能性はあります。

懲戒解雇になっても退職金が貰えるにはどうすればよいのか?

まず、自分が懲戒解雇になってしまった理由を知ることが大切です。自分が会社で働いて頑張った分を打ち消してしまうほどの悪質なものかどうか?

この部分の線引きについては、難しいので弁護士に相談をしましょう。

 

木佐貫

では、次にみなさんが気になっていると思います。退職金の相場について進めていきましょう

大学卒の場合

大企業

勤続年数
年齢 自己都合 会社都合
3年 25歳 34万円 70万円
5年 27歳 65万円 120万円
10年 32歳 192万円 316万円
15年 37歳 422万円 605万円
20年 42歳 812万円 978万円
25年 47歳 1290万円 1471万円
30年 52歳 1942万円 2112万円

 

中小企業

勤続年数
年齢 自己都合 会社都合
3年 25歳 24万円 38万円
5年 27歳 44万円 63万円
10年 32歳 115万円 153万円
15年 37歳 225万円 285万円
20年 42歳 381万円 458万円
25年 47歳 563万円 647万円
30年 52歳 749万円 856万円

 

引用:エン転職

 

【退職金以外のお金】

木佐貫

次は、退職金以外のお金についてお話します。

今回は、失業給付金に焦点を当てていこうと思います。

失業給付金とは?

木佐貫

失業給付金は、失業保険や失業手当などと呼ばれています。もしかしたら、聞いたことがあると言う人もいるかもしれません。

この失業給付金を受け取るためには条件として、雇用保険に加入をしておかなければなりません。

条件として、雇用保険の適用事業所で31日以上かつ週20時間以上の勤務をしなければいけません。

失業給付金を受け取るための手順

木佐貫

大まかな流れと必要な行動について表にしてみました。

  1. 離職したら、雇用保険被保険者証の有無を確認する
  2. 最寄りのハローワークへ行き、離職票を提出する
  3. 失業保険受給説明会を受ける
  4. 求職活動を行う
  5. 失業が認定される

さらに詳しい手順は、下記リンクの手順をお読みください。

引用:ハロワークインターネットサービス

ハロワークインターネットサービス内の雇用保険の具体的な手続き

失業給付金の給付金額と期間について

給付金額は、在職中の給与の50%~80%です。

期間は、90日~360日の間になります。(期間は、退職した際の年齢、雇用保険に加入していた年数によって決まります。)

参考に、下の画像の給付期間についての表を見てください。

倒産・解雇等による離職者(就職困難者を除く)図表

引用:ハローワークインターネットサービス

就職困難者図表

引用:ハロワークインターネットサービス

注意点
失業給付金を受け取るためには、自己都合退職をした場合、3カ月ほど給付制限が課せられる為、すぐにお金を貰うことができません。

 

スポンサーリンク

クビになる前にどのような行動をすればよいか?

木佐貫

クビになる前の備えについて2点ほど書いていきます。

1.会社の持ち株をやってみる

これは、自分の給与から天引きして会社の株を購入する制度です。

失業給付金の支給までに3カ月支払われないこともあるので、退職金だけでは、不安な方は軍資金として準備しておけば、少しは安心ですよね。

2.セミナーに参加したり、ハローワークへ行き情報を集めておく。

今回の記事の中で、聞きなれない単語などが出てきたと思います。そうした中で、クビになってしまったときに冷静に対処ができないかもしれません。

日ごろから、準備しておけばいざというときに役に立つと思いますので、今のうちから情報を集めておきましょう!

 

今回は、簡単にではありますが退職金と失業給付金についてお話させていただきました。

もっと情報が欲しい!という方は、ぜひ私のサイトの記事をご覧ください。あなたが必要としている情報がきっと見つかるはずなので、ぜひご覧ください。

まとめ

最後まで、記事を読んで頂きありがとうございます。

突然クビになると頭が真っ白になり、どうすれば良いかわからなくなると思います。しかし、事前に制度について知識を深めておくことで、万が一のときも冷静に行動することができるのでおススメです。

これからも、みなさまにお役に立てる情報を発信していけたらと思ってます。

では、またお会いしましょう。

 

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です