会社へ行きたくないサラリーマンへ。吐き気の原因徹底検証!

会社へ行きたくないときありますよね。ただ行きたくないだけではなく、体の異変が起きているケース。吐き気の原因が知りたくこの記事を見て頂いていると思いますがズバリ申します。

あなたは鬱病かも知れません。

このキーワードを聞いて「ドキッ」とした方も多いかもしれません。どなたでも鬱病というワードは最近よくニュースなどで耳にするとは思います。有名な病気にはなってきておりまさに現代病の一つと言ってもいいでしょう。

しかし自分が発症するとは思いますか?大抵の人は思わないんですよ。
「まさか自分が鬱病なんて」そう思っていますよね。

私も会社で精神的に追い込まれることはよくあります。今は働き方改革が進み、ブラック企業も少なくなってきてはいると思いますが、まだ一定数そういった会社は事実存在しています。

私の場合は鬱病にはなっていませんが、入社したばかりの社員が鬱病を発症して休職、あるいは退職に追い込まれているケースを目撃したことがあります。

実際に鬱病になった人をみた私の観点から、今回の吐き気の原因は解明していきたいと思います。
この記事を見ているあなた。会社を思い出すたびに吐き気がしていませんか?

この記事を読んでいただき、吐き気の原因を見極めて、今後の判断材料にして頂けたらと思います。

吐き気の原因

会社を思い出すと吐き気がしますか?それとも風邪のような症状でしょうか?まさか飲み過ぎ??w
会社を思い出して吐き気がするようになるという精神的な場合は要注意。しっかりと症状を理解して、対処していって下さい。

まずは鬱病の症状について簡単におさらいしてみましょう。

鬱病の症状

鬱病の症状は色々あり、その点からも判断が難しいとされています。

たとえば、何事にも意欲が湧かない。疲れやすい。体の異変。自信がなくなる。自殺願望。吐き気。などなど。多くの症状が見受けられます。

こうやってあげてみると、気持ちの面でマイナス思考になることが多いみたいですね。

ただ、鬱状態鬱病の2パターンがあります。鬱状態でも同じような症状になりますが、休息を取ることで解消されるケースが多いです。鬱病になる前に早めに気づいてあげることが重要ですね。鬱状態が長く続くことで鬱病へと症状が重くなっていくんです。

上記のことを意識して、自分での鬱病に対する固定観念を捨てて、病気の早期発見を心がけて下さい。

さていかがでしょうか。何個か当てはまりました?一個でも当てはまるなら要注意。
この記事では吐き気に当てはまるあなたのために、吐き気の対処方法。つまりは鬱病への対処方法をお教えいたします。

休息を取ろう

さてここまで読んできただき、鬱病へ思い当たる節はございましたでしょうか?「やばい何個か当てはまるな」という方々は休息を取りましょう。追い込まれている原因を探っていきましょう。

仕事で追い込まれている場合

・休憩を多く取る
もし仕事で追い込まれている場合。解消方法の一つとして仕事の休憩頻度を短くしてみると良いかもしれませんね。休憩のコツとしては一度仕事を頭から切り離すことです。おそらく真面目なあなたは仕事のことばかり考えているのだと思います。

「あぁ、締め切りが迫っている」「上司にまだ報告していない案件が。。。」などなど。考え込んで追い込まれていませんか。一度全て忘れるくらいでちょうどいいと思います。仕事と休憩を切り離しましょう。

・リフレッシュ休暇を取る
休憩を多く取り、それでも解消されない場合は一度仕事から離れることが必要です。「リフレッシュ休暇」を取りましょう。

リフレッシュ休暇とは言葉の通り、体を休めるためにとる有給休暇です。旅行に行くも良し、疲れるのであればただ家に入れゆっくりするも良し。自分にとって一番リラックスできる方法で休暇を取りましょう。

・運動を取り入れる
これも効果的です。ランニングやスポーツをしている時は、頭の中がそのことへ集中して、あなたの鬱病の原因を考えなくなるのです。少し自分と向き合う時間を作りに走ってみるのはいかがでしょうか?

自分の体と向き合い、自分の心と会話をする。そうすることで問題が解決するかもしれませんよ。

プライベートで追い込まれる場合

その原因は何でしょうか?家族、友人、金銭トラブル。いろいろありますが、例えば家族の場合はどうでしょうか?

あまり考えたくありませんが、あなたの奥さんと上手くいっていなく追い込まれている場合、体に影響が出てしまっている場合は別居などを検討してみましょう。

体を壊してまで一緒にいるべきなのかを考えて行動してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?あなたの追い込まれている原因はわかりましたか?「もしかしたら」と思った場合、すぐに病院で診断して頂きましょう。

追い込まれている原因を一つ一つ潰して行くことで、心の安らぎを取り戻せるかもしれません。
鬱病で苦しまれている方、追い込まれている方にとって良い記事になっていたら嬉しいです。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です