働く女性が抱える問題とは?女性が働きづらい国ニッポン

木佐貫
奥さん、妊娠したんだって?おめでとう!…なんか浮かない顔をしてるね、どうしたの?
Yさん
いや、嫁さんが出産しいたら仕事辞めたいって言ってるんですよ。会社は産休育休もしっかりしているし、仕事も続けやすいと思うんだけどなあ。
木佐貫
育休はだいたい子供が1歳までだけど、子育てはずっと続くからね。その辺の不安が払しょくできていないんじゃないかな。そういう女性は多いみたいだよ。

女性の社会進出が進みつつありますが、出産のタイミングで退職を選択する女性は多く、就業中の女性の半数以上が仕事を辞めています。働く女性たちはなぜ仕事を辞めてしまうのでしょうか。そこにはどのような問題があるのでしょうか。具体的な数字や女性たちの声を聞きながら考察していきましょう。

 

出産を機に仕事を辞める女性たち

労働力のM字カーブ

引用:内閣府男女共同参画局

日本における女性の労働力率、簡単に言えば働いている人の割合ですが、上記のグラフの通りM字のカーブを描いています。男性のグラフと比較するとその違いがよく分かりますね。

男性は20代から50代の終わりまで大きな変化はなくずっと高い労働力率を維持しています。それに対して女性は20代後半から30代の前半にかけていったん減少したあと、40代ごろまで盛りかえしてまた減少していきます。正規雇用に限ってみれば30代で減少した後は上昇することなくゆるやかに下がっていくのが特徴です。

なぜこのような違いがあるのでしょうか。

出産を機に仕事を辞める女性たち

引用:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」第14回報告書

こちらのグラフは一人目の子供を出産した後の妻の働き方の変化を表したものです。出産後も仕事を続ける女性は3割を下回り、出産を機に退職する女性は4割近くいるのが現状です。

このグラフには出産前から無職の女性も含まれていますので、それを除いて就労している女性だけで考えた場合、実に半分以上の女性が出産のタイミングで退職する選択をしているのです。

Yさん
実際うちの嫁さんが希望するようなルートに進む人が多いのか…でも、なぜだろう?

仕事と子育ての両立の難しさ

出産を機に仕事を辞める女性たちの中には「子供といる時間を長くとりたい」と自ら希望して退職する女性がいる一方で、やむを得ず辞めていく女性たちもいます。彼女たちは仕事と子育てを両立することが難しいと考え辞めるのです。

職場環境の問題

最近は大臣が育休をとるのとらないのと話題になっていますね。これは男性の育休取得が焦点になっていますが、女性のなかにも育休をとりづらい環境にある人たちがまだまだいるのが現状です。

出産で育休をとりたいと考えてます。現在、産休中です。

ただ、このご時世‥復帰は難しいと会社から難色を示されており、退職勧奨されています。

引用:Yahoo!知恵袋

育休の問題だけでなく復職後、時短勤務で働いても帰りづらい雰囲気だったり、子供の体調不良で欠勤や早退が増えることをよく思わない、理解してもらえない環境で働き続けることは働く女性にとってとても辛いことです。

そのようなストレスを抱えながら子育てをするならいっそ…というのが退職していく女性たちの本音かもしれませんね。

家庭環境の問題

現代では男女共同参画社会、つまり男性も女性も同じように社会で活躍する社会が理想とされながら、家庭内では性別による役割分担意識が抜けきれていないのも事実です。つまり、家事や育児は女性の仕事であるという考え方が根強く残っているのです。

また、夫が残業が多い、単身赴任といった業務内容や労働時間の問題から、分担したくてもできないということもあります。仕事、家事、育児をすべて一人でこなさなくてはいけないことから「ワンオペ育児」と言われ、女性にとって大きな負担となっています。

家庭の中では昔とかわらず家事や育児をすることを求められ、社会からは周囲と同じように働くことを求められ、どちらもこなせるスーパーマンのような女性はごくわずかです。

仕事やキャリアへの思い入れがそこまでではなかったり、夫婦での家庭内の役割分担が難しいのであれば退職の道を選ぶものやむをえないことなのではないでしょうか。

木佐貫
少しずつ改善されつつはあるけれど、女性を取り巻く環境は決して良くはないよね。特に家庭内の性別による役割分担はILO(国際労働機関)からも指摘されていて、国際的にみても日本は遅れているんだ。

 

女性が働きやすい環境をつくるために

長時間労働などの労働環境の改善

育休がとれることは大前提として、残業が少なく定時で帰りやすい、有給がとりやすいなど、いわゆるワークライフバランスに配慮し仕事一辺倒にならずに済む労働環境づくりが必要です。

そのためには、人に付いている仕事、つまり「その人でなければできない仕事」を減らし、チーム全体で仕事を共有することも大切です。これは「誰でもできる仕事」とは違います。

男性が家庭のことに積極的に参加していくためにもこのような労働環境の改善は必須といえるでしょう。

子育ては家族の仕事

いままで男性があまり家事や子育てをしなくても問題にならなかったのは、それらを親や親せき、あるいは地域の人たちがサポートしていてくれたからという背景があります。

時代が進むにつれ、自分が生まれ育った場所とは離れたところに生活の基盤を持つ人が増え、そのような人たちは親の支援を受けることが難しくなり、地域の人たちとの関わりも希薄になってきました。

そのようなサポートを受けることができない以上、ほかの誰かがその役割を担う必要があり、それは父親である男性の役割に他なりません。女性の働き方を変えるためには男性自身にも変化を求められているのです

 

正社員を続けたいなら仕事はやめない方が得策

Yさん
仕事を続けるにはいろいろハードルも高いんだなあ。嫁さんが辞めたいっていうのも仕方ないのかな。俺家事出来ないし。
木佐貫
そこに自分が奥さんをサポートしようとする気持ちはないのかい…?せっかく正社員でいるなら続けた方がいいと思うよ。

これは「労働力のM字カーブ」でもふれたグラフです。女性の労働力全体はM字カーブを描いているものの、正規雇用に限って言えば20代をピークに上昇せずに下がっていきます。子育てを経て、会社を辞めた女性がもう一度正社員として復職するのは難しいというのが現状であり、これもまた大きな問題です。

これは、子育ての事情からある程度フレキシブルに働きたいという女性と、長時間働いてほしいという企業の思いがマッチングしないのが原因です。この問題の解決にも、先ほど述べたような労働環境の改善が必要といえるでしょう。

とはいえ、この問題は解決されるにはまだまだ長い時間が必要です。やりがいやキャリアアップ、収入といった観点からすれば会社を辞めずに働き続けるのがベターな選択ではないでしょうか。

木佐貫
もちろん会社でマタハラなどを受けてまで働く必要はないと思うけど、泣く泣く仕事を辞めるなら、家族でサポートしあって仕事を続けるのが夫婦にとってもいいんじゃないかな。Y君は家事を覚えなさい。

 

まとめ

Yさん
やっぱり嫁さんには仕事続けて欲しいな。仕事自体は楽しいみたいなんです。だから余計になんで辞めたいんだろうって…家事も覚えます。今まで任せっきりにしてしまっていました。
木佐貫
なぜ奥さんがそう考えたのか、きちんと話し合いが必要だね。自分にできることから始める気持ちが大切だよ。

労働力不足や少子化など、さまざまな社会問題が取りざたされていますが、女性が働きづらい環境にあることがその要因の一つになっています。女性が働きやすい環境づくりは現代の大きな課題といえるでしょう。

「女性」と銘打って入るものの、女性だけの問題ではなく、男性の主体的な行動が必要とされています。むしろ男性、女性と区別することなく全員が考えるべき課題です。

また、社会なのか家庭なのか、政府なのか企業なのかといった「誰が」解決するのかという考え方ではなく、「自分が」できることは何かという考え方が一人一人に求められているのではないでしょうか。

リクルートエージェントと言えば業界最大手の転職エージェントです。求人数も日本最多を誇り、転職がはじめての人はまずこちらに登録しておくと間違いないでしょう。 転職成功者数が毎年約2万3000名もいながら、その半分以上が年収アップに成功していると言うのだから驚きです。支店は全国にあるので、都市部から地方にIターンやUターンで転職する人にも使いやすいでしょう。
リクルートエージェントのここがすごい
  • 1年で年間1万3000社以上の求人が出る、中小から大手まで幅広い求人、外資系企業も1400社以上
  • 累積45万名以上が転職に成功、転職決定者は年間約2万3000名以上
  • 62.7%の人が年収アップを経験

dodaはリクルートエージェントに次ぐ大手総合転職エージェントです。国内2位とあって求人数も多く、とりあえず登録しておいて間違いありません。 都心部が中心になりますが、無料セミナーや転職イベントが豊富なのも嬉しいポイントです。リクルートエージェントに比べてサイト内のコンテンツが充実しており、転職コラムやQ&Aは読むだけで勉強になります。
dodaのここがすごい
  • 公開求人数/非公開求人数  約6万6千件/約13万6千件
  • 業界№2の大手
  • スポーツキャリア、ウーマンキャリアなどdoda独自の働き方を提案
  • 「年収査定」「キャリアタイプ診断」「レジュメビルダー」など転職に役立つ無料セミナーが好評。

2019年オリコン顧客満足度1位を獲得しています。 各分野のエージェントが親身になってカウンセリングをしてくれることで定評があるエージェントです。エンジニア系の転職にめっぽう強く、専属のエージェントが存在しています。 転職回数が多い人でも、親身になって活路を見出してくれる貴重なエージェント会社なので、特に転職回数が多くお先真っ暗感が漂っている方は要チェックです。
パソナキャリアのここがすごい
  • 公開求人数 50,000件以上
  • 求人の特徴 80%が非公開求人
  • 2019年オリコン顧客満足度1位、年収アップ率67.1%以上
スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です