いじめられる大人の特徴や原因は、共通して言えることが多い⁉︎

物心ついた時から切っても切れない関係である人間関係。今日、生きていくにあたって必ず誰かしらと関わりますよね。人と関わると誰しもが必ずぶつかるのが人間関係の悩みです。

子どもの頃、いじめがあったけどそれはまだ気持ちも子どもだったから仕方なかったのかな、と思うこともあるかもしれません。

大人になっても相変わらずいじめにあって悩んでいる方がこの記事を読まれていると思います。しかし子どもより、大人の方が知恵がある分もっと陰湿ですよね。

しかし、実はいじめられる人・いじめる人というのは、元はあるものが共通して言えることを知っていましたか?

そこからもしかすると解決策も見えるかもしれませんよ。今回は職場でのいじめについて深く掘り下げたいと思います。

こんな方におすすめ

  • いじめに悩んでる人
  • いじめの心理を知りたい人
  • いじめの特徴を知りたい人

 

いじめられる人の特徴と原因3つ

ここでは、いじめられる人に言えるであろう3つの特徴と原因を紹介します。

コミュニケーション不足

コミュニケーション不足は、言葉が足りないので意思の疎通がとれずに仕事が円滑に進められない原因にもなりますよね。

コミュニケーション不足を代表するのは挨拶ができないというのがよくあげられますが、挨拶をちゃんとしてくれないのは相手にとっても感じが悪くなりますよね。集団生活が始まると挨拶基本と育ってきたのはやはり基本だからなんですね。

大人になった今だからこそ当たり前のことがわかります。

周囲に気を遣いすぎる

あなたは皆と穏便に仲良くやろうと思いすぎていませんか?その結果、周りに気を使いすぎて逆におどけたように映ってる場合があります。

周りに合わせてばかりで自己主張をしないのでいじめる人からすればコントロールしやすいですよね。周囲の空気を読むことは大切ですが、時としては自分の意見を言うことは大切なことです。

不器用で仕事ができない

仕事をなかなか覚えられず、1つのタスクをこなしていると他の仕事が全く進めることができない人とかを見ているとついイライラしていじめたくなってしまうんだと思います。

他にあげられる例としては、ミスが多かったり仕事ができないのに不平不満を言う人なども嫌がらせを受けてしまうと思います。

 

職場いじめがなくならない理由

職場いじめが簡単になくならないのは、会社はもともと利益を出す所だからです。

学校や仲良しクラブではないので人間関係は後回しにしがちなんですよね。

実際に私の知人が務めていた会社にもいじめがあり、いじめにあった人が上司に訴えたそうですが、上司に「皆んな大人なんだから、仕事の生産性を考えながら上手く付き合ってやってくれ」と言われたそうです。

上司に相談しても、会社が対応してくれなければいじめは続き辛いままです。結局その人は、転職することを選びましたがそのような会社がたくさんあるのは事実です。

会社としては利益が出ればいいので、人間関係の問題は自分たちで解決することを望んでいます。あなた自身にもできることの努力をしてみて効果がなかった場合は転職した方がいいと思います。

 

いじめをする人は自分より強い人にはしない

いじめる人というのは、自分より性格がきつい人には決していじめることはありません。むしろ自分がいじめられないように身を守るのが得意です。

キャラクターでいうとドラえもんでいう、スネ夫的立場ですね。ジャイアンはスネ夫にとって強いので下手にでていますが、のび太に対してはいじめますよね。しかし、スネ夫も自慢話大好きで周りから注目を浴びつつどこか鼻につきますよね(笑)

いじめる人というのは少しスネ夫っぽいところがあると思います。

キャラクターに例えてしまいましたが、世の中に意外と多いのがこのスネ夫的存在だと思っています。

 

実はいじめられる人・いじめる人には共通点がある

深く考えたことがある人はあまりいないかもしれませんが、実はいじめというのは自信のないもの同士がいじめ・いじめにあうんです。

自分に自信がなく、劣等感が強い人が同じような感じの人をいじめるのか、はたまたその被害としていじめを受けるのか、その違いなだけで元を辿れば共通する特徴があります。

被害者意識が強すぎる傾向がお互いにあるんですね。

自分に自信がない人は大抵の場合、ありのままの自分というものを受け入れることができず苦しんでいます。

もし、自分に自信がなくてどうすればいいのか悩まれている場合、筆者が1番オススメするのは自分自身を自分で認めてあげる事です。ノートに、今の自分のありのままの状態を書き何が自信がないのかを見つける事により悩みがよりわかりやすくなります。

誰かに、自分を評価してもらいたい・認めてもらいたいという強い気持ちがあるから苦しくなりより頑張ってしまうのです。

こんな自分でも、思い詰める事ないんだよ、そのままでも大丈夫だ。と自分を認めてあげましょう。

自分以外の誰かに評価して貰う価値観で生きていると自分が無くなります。その結果自分に自信がなくなるので今一度自分を見つめ直しましょう。

 

まとめ

いじめは決して、してはいけない事なのですが、元が同じと考えると被害者だけではなく、いじめる側の加害者も救ってあげなければ苦しみからは逃れられないですね。

もしあなたが、今の立場に苦しんでいたらこの記事を読むことで少しでも心が軽くなると幸いです。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です