障害者の転職に強い味方!専門のエージェントを活用しよう!

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

例え1社でも転職サイトに登録は済ませてありますか?


いつでも会社を手放す心の準備はしていますか?

なぜならパワハラや過酷な労働環境は私達を精神的に追い込み、
『疲労』『ストレス』が限界になると
転職サイトに登録する気すら失われてしまうからです。


リスクは最小限に留める準備をしておきましょう。
まだ動ける元気なうちに求人情報にアクセスだけでもしておけば
『転職』というオプションを行使しして、
うつ病で精神が病む前に逃げることが可能です。

精神がやられると復活するまで想像以上に時間を要します。
だから限界まで我慢せず手前で逃げましょう。


求人サイトへの登録は無料ですし、リスクはゼロです。

求人も大量に紹介してもらえるので、
今よりマッチング率の高い求人に出会える確率もあります。

今すぐ転職をしなくても登録だけはしておきましょう。
私は1年後に転職をするという気持ちで登録しました。
(結果的に3ヶ月で転職となりました)

抑えておくべき大手優良転職サイトはこちら
 

現代社会には何らかの障害を抱える方が多数存在します。

そしていま健常者と言われる健康な人でも、皆誰しも何かのキッカケで障害者になる可能性があり社会の助けや配慮が必要な身になる場合があるんです。

障害者には大まかに2つ種類があります。

先天性という、生まれつき障害を持っている状態のものが1つ。

そして後天性、生まれた時は正常だったのにその後、社会生活の問題や事故などをキッカケとして障害を持ってしまうものがあります。

若さゆえの過ちによる身体障害、そして社会に出てパワハラや激務によるうつ病などによる精神障害など、後天的に障害者になる可能性は誰にだってあります。

これは決して他人事ではありません。一般企業や公務員でもうつ病による休職や長期的な職場からの離脱を余儀なくされるケースは珍しいものではありません。

木佐貫
社会的にうつ病の知名度や理解度が上がったため、今や治療のために休職するケースは珍しくなくなっていますよね。

しかしうつ病などの精神は心の病気のように思われがちですが、実際は脳機能の病気で身体の神経など様々な問題をきたしています。

そのため休職したからと言って、必ず治るものじゃありません。調子のいいときはよくても、以前のように働けるかは別問題なのです。

木佐貫
車のバッテリーは一度上がってしまうと、いくら充電しようと上がりやすくなるといわれております。ある意味それに近い状態かもしれませんね、一度狂ったものを以前の状態に戻すのは、容易な事じゃないんですね。

そこで復帰するにしても場合によってバリバリのキャリアの最前線で働いていた方などは、働き方を見直したり職業を変える必要なども出てくるかと思います。

そこで今回は頑張り続ける皆さんのためにお役に立てる情報を共有できればと思い、転職エージェントの障害者専用のものをご紹介させていただきたいと思います。

 

スポンサーリンク

障害者が転職を考える理由!

今のご時勢、少子高齢化により日本は働き手が不足していると言われております。おかげで1人あたりにかかる負担が、物凄い多いものとなっております。

そのため、復帰するに当り今までと同じ働き方を求められると再発の恐れがあり、産業医や主治医から場合により職場に就業に当り指示が出る場合が多いです。

その結果周りが忙しくしている中、自分だけローペースでゆとりある働き方をするというなんとも居心地の悪い状況に身を置く事になります。

木佐貫
真面目な人ほどうつ病になりやすい、と言われております。一般的に考えてその状況を楽しめたり、また『自分だけ楽でいいや』と思える人は稀かと思われます。

それが鬱にならないコツで、またゆとりを持つポイントでもあるんですけどね。勿論露骨に手を抜いたり、仕事に対して不真面目さを推奨しているわけではありません。

常に120%を目指して働いているあなたの目標を平均90%におとして80%を合格とし、必要なときだけスロットルを踏むようなエコ運転をイメージして働いてください。

なので休職があけて職場に戻っても以前のような働き方に戻ることができなかったり、このままならキャリアから外れてしまうとわかってしまった。

などなど様々な理由や背景がありますが、高確率でうつ病などの後天的な障害者になってしまった人は、たとえキャリアダウンになったとしても転職を考えたりするんですね。

勿論、相当勇気のいる決断です。

そこでその未知の世界に飛び込むにあたり、頼りになるのが障害者専門の転職エージェントです。沢山の経験やノウハウ、また企業との連携をしているエージェントを活用するのとしないのとでは、ハッキリ言ってかなりの違いがあります。

木佐貫
次の項目で詳しく、代表的なエージェントと体験談や評判などを紹介して行きたいと思います!

 

スポンサーリンク

障害者専門の転職エージェントをご紹介!!

転職エージェントって数多くあるから、どれを使えばいいのか本当に迷いますよね。

また障害者となると、昔のイメージだと身体障害者に対する配慮や需要は多いけど、精神障害者はデリケートで企業側も使いにくいからどうしても疎遠されがちという物があって、難しいのではないか?と思ってしまいますよね。

木佐貫
実際にハローワークの障害者求人などで、探していた人はそういう声を聞いてしまったり、面接で言われたなんて声もあったりして色々な噂がありましたよね。

そこで実際に有名な障害者向けの転職エージェントの情報をまとめてみましたので、ご紹介して行きたいと思います!

ウェルビー

ホームページ上での体験談として多いのは精神障害に分類される疾患を持っている方が多い印象ですね。実際に掲載されているデータも精神疾患の採用数とサポートに特化しておりますね。

今まで身体向けの求人が多くて、精神向けが見当たらないなどで、求人サイトを前にして打ちひしがれる思いをされてきた方にはとても心強いエージェントではないでしょうか。

引用:ウェルビー公式サイト

木佐貫
持病が多くて障害者手帳を持っている友達がいるので、付き合いでたまに障害者求人を見ることがありますが、ここまで精神障害者の就労実績のあるエージェントはなかなか見た覚えがないですね!

また就労までのサポートが手厚くて、障害者の生活向上からサポートを手がけて就労スキルの向上、そして就職から職場の定着までを一貫してサポートしてくれるようです。

ノルマのように面接回数をこなさせたり、就労したら「ハイ!終了!」なんて事はなく、ちゃんとその後の定着までサポートしてくれるんですね。

木佐貫
ここで木佐貫からのアドバイス!です。

障害の種別が精神疾患の場合、病院の主治医との相性、治療薬との相性で病気の回復速度に影響があるように、エージェントも担当者との相性があります。

精神疾患は特にデリケートです、再発の危険性と隣り合わせの病気です。

私の友人のT君は『ドクターショッピングは余裕のあるうちにするものだ、他所へ行く余力がなくなってからそこが相性最悪の医者だと分かったら手遅れだ』と良く口にしております。

そのため、合わない担当者やエージェントサイトは利用を辞める、もしくは自分のために複数サイトを利用して見比べるのもいいかと思います。

転職エージェントについて注意点!!

障害者をターゲットにしている転職エージェントや機関などは、場所や規模によって評判や実態に差があることが珍しくありません。そのため同じ看板を掲げてても、いいところと悪いところ分かれてくることがあります。

そのため、見学や体験また利用をしてみて『合わない』『違和感』『イメージと違う』『何かおかしいぞ?』と思ったら、利用を避けるのが一番かと思います。我慢していても病気再発や悪化のリスクが高まるだけです。

どうしても悩む場合、かかりつけの精神科医師に相談してみましょう。あなたの健康が一番大事です。

ランスタッド

こちらも障害者の転職支援サービスで、選任のコンサルタントがついてその人にあうオーダー求人を見つけてくれるサービスが特徴のエージェントになります。

またエリアは限られておりますが精神障害者の場合、ランスタッドの精神保健福祉士が精神保健福祉士法に基づいた専門的な就労支援サービスをご提供しております。

ただし対応エリアは、一部の地域のみ東京・神奈川・千葉・埼玉となってます。

ちなみに精神障害者の実際のキャリアパスなどサイトにモデルが掲載されております。ご参考ください。

こちらのサイトは身体障害、精神障害を満遍なく扱っているイメージですが、精神障害においては上記の東京・神奈川・千葉・埼玉以外の地域では、サポートに関しては地域ごとの格差、サービスの差は色々と出てくるかもしれないですね。

木佐貫
精神疾患の場合、一番大事なのは担当者との相性です。どんなに業界NO1でも満足度NO1でも、あなたにとって1番でないのなら、無理をする必要はありません。我慢しないでくださいね。

dodaチャレンジ

(引用:DODA公式キャラクター

一般向けの転職エージェントのイメージが強いDODAですが、DODAにも障害者向けのエージェントサイトがあるんです!大手の非公開求人で有名なサイトなだけに、障害者の求人にもその強みを生かしております。

また面白い話しですがdodaチャレンジの特徴として、社員の60%以上が障害者という所を上げられるかと思います。少なくとも他の転職エージェントなど見比べたり調べたりした上で、このような話は見た覚えはありませんでした。

ただやはりメリットとデメリットがあるようで、地方系は求人数の部分で弱いようです。

木佐貫
確かに求人数はあるけど、都会に偏っているみたいな体験談が多いです。実際に利用していた友人のT君もよくそれをぼやいてましたね。

ちなみに地方系が弱いというのはやはりどのエージェントも共通しているようで、精神系向けの求人に関しての手薄さやムラも地域によってはあるようです。

ただムラがあるからと言って、エージェントの持つ知識やノウハウ、また企業とのコネを活用しないのは勿体無い話です。

特に精神系を患うと日常生活のリズムが狂いやすいのでその訓練やリハビリとして活用するのも大きな価値があります。

求人のタイミングもあるので、いつも出ているとはかぎらない。

障害者求人は年中出ているわけではありません。大手企業のように年中ホームページにて掲載している場合もありますが、大抵こういう紹介サイトなどはその人の病状も含めて紹介できるかも関わってくるので、求人を出せない時もあるからです。

焦りは禁物です。じっくりと社会復帰の準備期間があると考えて取組んで行きましょう。

 

障害者転職サイトとエージェントの違いって何?

転職サイトと転職エージェントの違いはズバリ、求人を紹介してくれるかくれないかが大きな違いですが実はそれ以外にも大きな違いがあり、メリットやデメリットがあります。

木佐貫
多重合併の障害者の知り合いT君曰く、「自分のペースで出来る転職サイトでマイページを作れるほうが気楽だし、特殊な持病だから中途半端に理解されるよりは、直接自分で企業担当者に話したほうが早いし効率が良かった」と言っていました。

彼の場合特殊な持病ですが、それで障害者手帳に該当しないからと就職活動を有利にするために、医師や職安のアドバイスとして該当する二次障害で手帳を取得して障害者枠での就職活動を勧められる場合があるそうです。T君もこの口で取得をしたそうです。

ちなみに一般的に考えて「それって不正受給じゃないの?」と思われるかもしれません。ただ、病気で精神的に弱ってしまい、精神疾患を合併する事は珍しい事ではないようです。

そのため精神科医師が該当すると認めて診断書をかいて、自治体の審査を受けて通れば手帳が取得できるという流れになっております。

ちなみに私、木佐貫の友人T君ですが、日本における難病指定外の世界的難病とされる3大疾病をコンプリートをした後、職安などのアドバイザーが上記のようなやり方を勧めてきたようですね。

アドバイザーが勧めてきたんだからと凄く期待して診断を受けて診断書を提出して審査を通り無事手帳を取得したらしいです。

「2016年ぐらいまで精神手帳は就職自体にはまったく役に立たなかった。そらそうだわ、化学物質過敏症と線維筋痛症と筋痛性能脊髄炎/慢性疲労症候群による躁鬱だもんな、企業どうしていいかわからんわそりゃ」といっておりました。非常に残念な結果ですね。

彼曰く「メリットは交通費と映画館の割引しかなかったよ!」との事でした。ただこれには自治体ごとに差があって、北海道などは自動車税や取得税が無料になるなど、色々各地域で違いがあったりします。

ハッキリと障害者の烙印を押されたみたいなものだと、気持ちの問題で手帳を避けたがる人も中にはおられますが、実際にメリットもありますので私としては長期化するなら取得を前向きに考える事をお勧め致します。

木佐貫
訳の分からない取り方ですが、実際にこれらの疾病で精神疾患を合併しているとして精神手帳が取得可能と該当する方は多いようです。

彼の場合は本当に特殊なケースですが、例えば難病が重なって二次障害でうつ病として障害者手帳を取っているなど、複雑な事情の場合もあります

そういう場合エージェントを挟むことでかえって通常のケースと違う話になり、面倒な話になる場合もあるので気をつけましょう。

障害者転職サイト メリット

・エージェントを挟まなくていい(電話で紹介求人がこない、マイペースにできる)。
・訓練など出て行く必要など、縛られる必要がない。
・マイページなどがあり、そこにプロフィールを登録して色々自由に出来る場合がある。
・合併症による鬱病など特殊な背景があるなら、やりやすい場合がある。(プロフィールや質問上で書き込みしやすいという点があります。)
・年に数回、無料の求人情報誌を送ってくれるサイトもある。
合同企業説明会みたいなイベントがあったりする。

障害者転職サイト デメリット

・アドバイスをしてくれる人や知識を持つ人がいない。
・電話などで紹介求人が来る場合がある。
・訓練などスケジュールがないので、生活リズムが崩れやすい。
・応募や問い合わせなど自分から行動する必要がある。
精神系の疾患など、求人自体がない場合が多い。
合同企業説明会みたいなイベントが内地で基本都会だったりする。
・募集先が都会しかなかったりする。

 

スポンサーリンク

障害者における転職エージェントの考え方。

転職エージェントは利用者や登録者、また求人数がいくら多くてもその地域の団体がいいか悪いかという問題はやはり付き纏ってきます。そのため、最終的にはいって見るまで分からないのもありますが、自分に合う合わないの問題もあります。

勿論、精神疾患に関らず身体障害のある方も人間ですから、合う合わないのモチベーションは大事ですし、体験談で嫌がらせなのか通過した求人を何故か辞退扱いにされていたなんて掲示板の投稿もあったりします。

そんな求人以前の問題でのミスマッチをさけるためにも、複数のエージェントやサポートセンターを活用して信頼できる担当者を見つけるのはいい事でしょう。

 

まとめ

木佐貫
さてそろそろ、家族サービスをするのでここで記事を振り返らせていただきますね。
まとめ
  1. 今のご時勢、誰でも障害者になる可能性はある!
  2. 障害者の転職は、転職エージェントの活用を検討するべき。
  3. 転職エージェントは当たり外れがあるため、複数利用で信頼できる担当者を見つけるべし!

とくに真面目な人は3番目に関して、時間を取ってもらったのに二股、三股をかけるみたいで申し訳ないと感じる場合がありますが、それはあなたがいい人だからそう感じるんです。

ゆかり
でも、やっぱり相手も仕事でやっているとはいえ、時間を割いて話を聞いてくれたのにと考えると申し訳ない感じもするわよね。
木佐貫
人それぞれだけど、そう感じてしまう人も確かにいるし、そういう人には多い傾向だよね。

(ユカリの場合は、優しいからなあ。人一倍申し訳なさを感じてしまうのだろうなあ、まあそれが魅力的で素敵なところなんだけど)。

ゆかり
ちょっと申し訳ないって考えすぎる友達に心当たりがあるのだけど、アドバイスと言うかいい切り替え方みたいな考え方はないのかしら?。
木佐貫
(そんな君が、愛おしくてたまらないんだよなあ)・・・。
ゆかり
あなた?聞いてる?。
木佐貫
え!?ああ、うん勿論。

そういう場合だけど、相手も商売と言うか仕事でやっているからね。

出来るかどうかは別にして、あくまで仕事。勿論遊び半分とか真剣さがないのはダメだけど、ほしいものを求めて商店に行く感覚で尋ねて調べに行くと良いと思うよ。

ゆかり
商店に行く感覚?。
木佐貫
そう、例えば欲しいものがあると聞いてお店に行っては見て調べて貰ってみけれど、たまたまその店舗になかったからと他所へ行った。

普通に日常で起こり得ることだし、わざわざ調べてくれてありがとうとは思うけれど、そこまでしてもらったからと他所へ探しに行くことへ罪悪感を感じることなんてまずないだろう?。

ゆかり
なるほどねえ、言われて見れば確かにそういう考え方もできるかもしれないわね。
木佐貫
万が一、休職中とかすでにそういう診断を受けている、もしくはそういう傾向が見られる場合、過度に自分を卑下してしまいがちだよ。

素人判断も入るけれど安全のために一度その友達にカウンセリングをお勧めして、専門医師の受診を進めたいところだなあ・・・何もなければ安心だし、早期発見で済めば早い対処ができるしね。

ゆかり
な、なるほど・・・。
木佐貫
もしかして、ユカリ、君にも心当たりがあったりするのかい?。
ゆかり
え?。
木佐貫
た、大変だ!むむむ、無理もない!転職8回だなんて、心労をかけすぎたもんな!

ごめんよ!カウンセリングを一緒に受けるべきか!今度は僕が支えてあげる、いや、支える番だ!僕にあなたを支えさせて下さい!。

ゆかり
あ、あのう・・・お友達の話なんだけど。(プ、プロポーズを思い出しちゃった・・・)。

 

近所の独身男性
(今日も近所の夫婦が、ラブラブで色々と辛い)・・・ナウと。今の俺もカウンセリングとか必要かな?いや、一番必要なのは彼女か、ハハ、はぁ。

オマケ付録、精神疾患について!

人には性格と言うものがありますが、善悪の規準や感情バランスの感度などが狂い始めたりその兆候が見られたら、精神的に余裕のない状態にあるか精神疾患の始まりの場合もあります。日ごろのチェック、そして観察などを欠かさないようにお身体を大事にしてくださいね。

物音に過剰に敏感になる疲れが取れない眠れなくなるなど、そういった状態が続くようなら一度休んでリフレッシュをしてみてください。それでも改善がないようなら専門医を受診してください。早めのケアが早めの回復に繋がります。

木佐貫
人によって合う合わない、薬の問題などいろいろ絡むので回復の速度は勿論違います

ただ早めの受診が早めの回復のポイントになるのは間違いありません。

カウンセリングで自分の気付いていない状態を客観的に把握でき、処方を通して脳機能の乱れをカバーできます。

いかに働く機能(日常生活能力)を残せるかで障害者の転職活動で、紹介してもらえる求人の幅も広がります。

企業としても障害者として国から色々貰いながら、健常者と変わらないパフォーマンスの人を安く使えるなんてかなりのメリットとアピールポイントになりますよ。

勿論、ならないのが一番で健康に働けるのが一番いいです。しかしみんな誰にでも起こり得る問題ですし、脳機能や自律神経はデリケートでささいなキッカケで乱れてしまうものです。

皆さんも健康第一でお身体を優先してくださいね。

木佐貫
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です