新卒のボーナス事情を解明!平均は?思ったよりももらえる?

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

ボーナスはもらえたらもちろん嬉しいですよね。

報道番組などで、ボーナスの時期が近づくと、ボーナスの使い道について聞く機会もあるかもしれません。

しかしまだ大した仕事もしてない、研修しかしていないといった新入社員の方はボーナスをもらえるのか不安でしょうし、上司に確認も取りづらいですよね。

新入社員はボーナスをもらえないと思っているときに、他社の友人に「ボーナスで家電買ったよ」などと言われたら、他社では新入社員でもボーナスをもらっているのに、うちの会社はボーナスを支給しないのだろうかと不安になることもあるかもしれません。

この記事では、そんな不安を解消するために、新入社員のボーナス事情についてお伝えします。この記事を見て実態を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

新卒はボーナスをもらえるのか

結局、新卒はボーナスをもらえるのかどうかが気になりますよね。

結論から言うと、1年目からでももらえる可能性はあるが、もらえない場合もあります。

新入社員にボーナスを支給する企業は多くあるようですが、ボーナス支給は法律で義務付けられているわけではありません。そのため、支給されない場合もあるようです。

業績によって変動する場合もあるようで、入社時にはボーナス支給有と聞いていたのに、業績が悪いため、ボーナスの減額、ボーナスのカットといった処置をとられることもあるようです。

とはいえ、貰える場合も規定通りに満額支給されるケースは多くないようです。
実際、新入社員として入社してすぐは、研修など学ぶことばかりで、現場の戦力になれていないことも多いですよね。

それを考えたら、もらえたらラッキー程度の心持ちで仕事に取り組む方が良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

ボーナスはいつ支給されるのか

ボーナスっていつ支給されるの?という疑問を持つ方もいるかと思いますが、実は公務員と民間企業では支給日が異なるようです。

公務員のボーナス支給日

夏のボーナスが夏は6月下旬に支給されることが多く、冬のボーナスは12月上旬に支給されることが多いようです。

民間企業のボーナス支給日

夏のボーナスが6月下旬から7月上旬にかけて支給されることが多く、冬のボーナスは12月中旬に支給されることが多いようです。

 

新卒 夏のボーナス

入社してから3カ月ほどたって、社会人としての生活に慣れてくる頃にボーナスの時期になりますね。

そんな新入社員の方のボーナスですが、あまり期待しない方が良いかもしれません。

DODAが実施している年齢別の年収調査によれば、

新入社員に夏のボーナスを支給している割合は85%ということでした。
また、新入社員に支給するボーナスの平均額は8万8428円ということでした。

これらの数字を見てどう思いますか。ちなみに、僕はこの数字を見て、思っているより多くの企業が夏からボーナスを支給するなあと感じました。

というのも、アルバイトなどを経験したことのある方はわかるかもしれませんが、最初は慣れないことばかりで、給料が安い時期などありませんでしたか。

実際、僕が働いていたアルバイト先は本来の時給が1500円のところが、最初の3カ月は時給1000円でした。でも仕事に慣れず、教えられることも多い段階では仕方がないと納得していました。

会社に入っても最初は同じだと思います。入社してすぐは研修などで、現場の戦力になるどころではないですよね。

その状況では寸志という形で少額の支給だとしても、ボーナスをもらえたら非常に嬉しいことだと思いますよ。

スポンサーリンク

新卒 冬のボーナス

寒くなってきて、街中にイルミネーションも増えてくるそんな12月頃ですが、新入社員の方にも、やっと本格的にボーナスが支給されるのが冬のボーナスです。

夏はボーナスがもらえず、社会人になってから初めてのボーナス支給という方も多いかもしれません。見たときには、何か買おうかななんて嬉しくなりますよね。
そんな冬のボーナスですが、正確なデータはなかったのですが、平均年収や平均初任給を考慮すると、およそ31万円ということでした。

夏のボーナスの平均値と比較しても、大幅に支給額がアップしていることがわかりますね。研修などで学ぶばかりの段階から、少しずつ一人前の仕事ができるようになってきていると実感できますよね。

とはいえ、冬のボーナスに関しても、規定通り満額支給されず、75%支給といったケースもあるようです。

 

まとめ

ž

  • 必ずしもボーナスをもらえるとは限らないが、もらえる場合もある。
  • ž法律で義務づけられているわけではないため、支給無し、減額もありえる。
  • 夏のボーナス支給は6月下旬頃、冬のボーナスは12月上旬頃に支給。
  • 85%の企業が夏のボーナスを支給しているものの、期待しすぎないように。
  • 在籍期間や働きぶりを考えるともらえたらラッキー。
  • 冬からは本格的に支給されるようになる。
  • 夏のボーナス平均は9万円ほど、冬のボーナス平均は31万円ほど。

 

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です