失業保険の受給資格に年齢制限はない!65歳以上の場合を解説

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

失業状態になった労働者を守る制度として、日本には失業保険があるのはご存知かと思います。

実は、失業保険という言葉は正確には存在しません。雇用保険制度の中にある、失業給付で支給される基本手当(失業給付金)のことを指し、わかりやすく失業保険と呼ばれることになったそうです。

この失業保険ですが、年齢制限はなく一定の条件を満たすと65歳以上でも申請できます。これを高年齢求職者給付金といい、64歳以下で受給できる失業保険とは受給期間や制約が異なります。

今回は私の父のケースを元に、65歳以上で受給できる高年齢求職者給付金について、年金との関係も踏まえながら調べたことをまとめました。

こんな方におすすめ

  • 65歳以上で受給できる高年齢求職者給付金をざっくり知りたい人
  • 年金を収めているけれど、金額や時期を意識したことがない人
  • 65歳手前で早期退職して、失業保険をもらったほうが得なんじゃないか悩んでいる人

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

65歳からは高年齢求職者給付金が受給できる

先日、妻に頼まれた買い物の帰りに公園を通りかかったのですが、うなだれた父に偶然会いました。

父は60歳まで勤めていた会社を定年退職後、契約社員扱いの再雇用を選択しました。1年ごと更新で4年半を過ぎ、あと3ヶ月で65歳になるというところで、会社から以後契約更新はなしと告げられたそうです。

木佐貫の父
家のローンがあるから70歳まで働く気でいたのに、ワシの老後はお先真っ暗じゃ。ずっと今の会社で働いてきて、この歳で転職なんてできるわけないし。年金だけではカツカツだし。孫にもいろいろしてやりたいし。

このままでは母さんに焼かれるのぅ・・・ブツブツ

65歳をむかえる父の職探しに、なんとか希望を持ってほしいと調べ始めたのが今回の記事を書いたきっかけです。

2種類の失業保険をざっくり比べてみた

当時ギリギリ64歳だった父ですが、65歳以降に失業保険を受給できるのか調べてみました。

65歳以降は高年齢求職者給付金を受給することができます。通常の失業保険と何が違うのかわかりやすくするために、ざっくり比べてみました。

大きく違うのは支給日数と、年金との併給ができるかできないかの部分です。

64歳以下 65歳以上
失業保険の種類 基本手当(雇用保険の失業給付) 高年齢求職者給付金
支給日数(要件による) 90日〜360日
※要件詳細はハローワークへ
30日〜50日
支給金額 45%〜80%/日 ✕ 日数分の基本手当
※離職時の年齢・賃金の日額による
50%〜80%/日 ✕ 日数分の一時金
※賃金の日額による
支給条件
  • 就職の意思があり、ハローワークに定期的に行くこと
  • いつでも働けるが職がなく就業できない
  • 離職日以前の2年間に雇用保険の加入時期が合計で1年以上あること(会社都合退職の場合は離職日以前の1年間に6ヶ月以上で可)
  • 就職の意思があり、ハローワークに定期的に行くこと
  • いつでも働けるが職がなく就業できない
  • 離職日以前に雇用保険の加入期間が6ヶ月以上あること
支給までの期間 待機期間7日を含み約1ヶ月〜4ヶ月
受給期間 離職日の翌日から1年間
年金との併給
利用回数制限 直近で1年以上雇用保険に加入していれば何度でも可 直近で6ヶ月以上雇用保険に加入していれば何度でも可

参考:厚生労働省三重県労働局ハローワークインターネットサービス

通常の失業保険の詳細は、こちらの記事を参考にしてください。

失業保険の受給資格ってなに?会社都合退職の場合はどうなる?

2019年7月20日

高年齢求職者給付金受給にあたっての条件ポイント

高年齢求職者給付金受給の条件ポイントをまとめました。

退職理由によって給付制限期間が追加される

給付制限とは、離職理由により失業給付が制限される期間のことです。

通常の失業保険と同様、定年退職・解雇・契約期間の満了を理由に離職する場合は、やむを得ない退職扱いとなり給付制限期間はありません。

自己都合退職、懲戒解雇で離職する場合は3ヶ月間の給付制限期間が追加されます。

引用:ハローワーク情報局

離職日以前の雇用保険加入期間により、支給日数が決定する

雇用保険に加入していた期間が1年以上の場合は50日分支給、6ヶ月以上1年未満は30日分支給となります。

受給までの流れをシミュレーションしてみた

父のケースで、高年齢求職者給付金を受給するまでの流れをシミュレーションしてみました。

【木佐貫父の状況】
  • 年齢64歳と9ヶ月
  • 60歳で定年退職。退職金を受領
  • 定年退職後、契約社員として再雇用。1年ごとの更新(雇用保険には4年と9ヶ月加入)
  • 65歳で契約期間満了にて退職予定

【受給までの流れ】

  1. 65歳で退職後、ハローワークへ求職の申込みをする
    退職後、離職票などの必要物を持参してハローワークへ求職の申込みをする
    必要書類はこちら
  2. 7日間の待機期間を過ごす
    この間はアルバイトなどの就労は不可
  3. 契約期間満了による離職のため、給付制限期間はなし
  4. 指定された日にハローワークに行き、失業の認定を受ける
  5. 認定日より約5営業日以内に一括(50日分)振り込まれる(1から約1ヶ月程度)

65歳で退職後、ハローワークへ申請することで、約1ヶ月後に50日分の高年齢求職者給付金が支給されることがわかりました。

木佐貫の父
おお・・・65歳で退職しても50日分失業給付金がもらえるのか。しかし、働き口がそれで見つかるのか不安じゃのう。

ふと思ったんじゃが、退職金は60歳で受け取っているし、いっそのこと今すぐ退職して通常の失業保険をもらったほうがお得なんじゃないのか?

64歳で退職して失業保険をもらう方が得という説にNO!

65歳以降は高年齢求職者給付金をもらえることがわかりました。

仮に64歳で退職し、通常の失業保険をもらったほうが得をするかどうか調べてみましたが、結論はNOです。

65歳で退職してもそれ以前に退職しても退職金が変わらない場合は、前倒しで退職して失業保険を受給したほうが若干得になることもありますが、おすすめしません。

理由は下記の通りです。

64歳で早期退職して失業保険をもらっても得にはならない理由
  • 65歳で定年退職の場合、64歳で退職することにより退職金が減額される可能性がある
  • 64歳で退職すると、失業保険の申請は自己都合退職扱いとなり3ヶ月間の給付制限が発生す
  • 年金は失業保険と併給不可。特別支給の老齢厚生年金を受給している場合、失業保険の給付を受けることで年金の給付がストップする
  • 失業保険はそもそも、働く意思があるのに就職先が見つからない人が受ける給付金制度。老後資金に不安があり少しでも収入を得たいのであれば、失業保険をあてにするよりも働けるうちに働いておく方が収入としては多くなる
  • 60歳以降は年齢の問題から就職口が少なくなる。失業保険を受給してから働こうと思っても、思うように働き口が見つからない可能性が上がっていく。数カ月間失業保険の給付があるからいいかというと、若い頃とは違ってメリットにならない。

64歳で辞める場合と65歳でやめる場合を計算してみた

父のケースで、65歳で契約満了退職する場合と、64歳9ヶ月で退職して失業保険を受給する場合を比較してみました。

64歳で早期退職すると、収入は半分以下になってしまうことがわかりました。

※就業年数や年齢など、条件によって計算額は異なります。ご自身の場合の金額詳細については、後述の年金相談センターにご相談ください。

65歳で契約満了し退職 64歳9ヶ月で自己都合退職
基本月額給料 25万円 25万円
特別支給の老齢厚生年金 10万円 10万円
毎月の在職中の老齢厚生年金(減額後の金額) 10-(25+10-28)÷2=6.5万円 10-(25+10-28)÷2=6.5万円
※失業保険を申請した1ヶ月後から支給停止
失業保険or高年齢求職者給付金支給日数 50日分 90日分
基本手当日額 6815円 7150円
給付制限期間 なし 90日間
64歳9ヶ月〜の収入合計
(65歳〜もらえる年金は除く)
(250000+65000)✕4ヶ月+6815✕50日=1,600,750円 65000+7150✕90日=708,500円
(3ヶ月間の給付制限があるため、支給は65歳頃から)

参考:日本年金機構

木佐貫の父
働かずにもらえるお金を当てにしても、こうして計算してみると働ける限り働いたほうがお金は手元に残るということじゃの。

65歳で退職したら高年齢求職者給付金をもらって、パートでもいいから仕事を探すことにするよ。

悩んだら社労士主催の年金相談センターに相談しよう

60歳以降は老後の生活資金の要である年金が関わってきますので、失業保険を受給する場合、トータルで結局いくらもらえるかの計算が複雑化してしまうんですね。

早期退職と悩んでいる、年金との兼ね合いで今後の働き方を考えたい方は、社労士が主催している年金相談センターに相談してみましょう。

年金相談センターなのに、失業保険の相談ができるの?と思うかもしれませんが、対応してもらえます。

相談は対面のみとなっていますので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

引用:全国社会保険労務士会連合会

 

スポンサーリンク

60歳からの年金、これだけは知っておこう

一口に年金と言っても、いくつかの種類があります。

先程の高年齢求職者給付金や失業保険の受給に関わるので、基本的な年金制度についておさえておきましょう。

65歳(退職後)から受給できる年金

65歳から受給できる年金には、老齢基礎年金と、老齢厚生年金があります。

老齢基礎年金は、国民年金や厚生年金保険などに加入して保険料を納めた人が受け取れる年金です。加入期間に応じて年金額が計算されます。

厚生年金の被保険者期間があると、65歳になった時に老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金が支給されます。

ねんきん定期便を確認することで、年金の受給額を知ることもできます。

年金の受給には、受給開始の3ヶ月程前に年金事務所から届く封書にて手続きが必要です。申請しないと年金はもらえないので注意しましょう。

特別支給の老齢厚生年金は働きながら受給可能な年金

65歳からもらえる老齢厚生年金ですが、条件を満たしている60歳以上の人は特別支給の老齢厚生年金を働きながら受給できます。

特別支給の老齢厚生年金は、昭和60年の法律改正で厚生年金の支給開始年齢が60歳から65歳に引き上げられたことで設けられた制度です。支給開始の年齢を段階的に引き上げるために設けられました。

下図のねんきん定期便の例では、63歳から年間123万程度の老齢厚生年金が受給できることになります。

条件についての詳細は、日本年金機構のサイトでご確認ください。

働きすぎると年金がカットされる!?

特別支給の老齢厚生年金は、働きながら受給可能ですが制限があります。

毎月の賃金と年金を合わせて28万を超える場合、年金が一部支給停止となってしまいます。ただし、支給停止となった分は厚生年金に入っていれば増額されます。

参考:日本年金機構

私の父の例だと特別支給の老齢厚生年金が10万円、毎月の給料が25万円で合計35万円となり、28万円をオーバーしました。

金額の調整計算式に当てはめて計算すると、10-(25+10-28)÷2=6.5万円となり、特別支給の老齢厚生年金が10万円から6.5万円に減額となります。(参考:日本年金機構)

しかし失業保険を受給した場合、この特別支給の老齢厚生年金は全額支給停止となってしまいますので、もらえるだけありがたいですね。

木佐貫の父
なるほど、65歳以降は年金と賃金合わせて47万円以上にならなければ年金はカットされないのか。

こうしてみると65歳までは賃金と年金、65歳以降は年金を中心に生活ができるような仕組みになっているのじゃね。働かなくてもお金が入ってくるようなウマい話はないのう。

木佐貫
高年齢求職者給付金は、失業保険の基本手当としてではなく一時金としての給付なんだよ。この分まで年金が止まったら生活していけなくなっちゃうからね。

年金の受給に合わせて雇用保険の制度も分けているんだ。

 

まとめ

65歳以上の失業保険まとめ
  • 失業保険(雇用保険の失業給付)に年齢制限はない。65歳以降は高年齢求職者給付金を申請できる
  • 64歳で早期退職して失業保険を受給した方が得に感じるが、老後のためにできるかぎり働きたいならおすすめしない
  • 年金との兼ね合いや、失業保険の受給のための早期退職で悩んだら社労士主催の年金相談センターへ相談しよう
  • 働きながら受給できる特別支給の老齢厚生年金は、失業保険の受給中は支給停止となる。高年齢求職者給付金は老齢年金と併給可能

日本は少子高齢化が進んでおり、ベテランの社員が培ってきた知識や経験を活かしていく仕組みが社会に望まれます。

65歳以上でも高年齢求職者給付金という失業保険を受給できるので、老後の資金確保に活用しましょう。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です