40代での転職を余儀なくされた!未経験分野で成功なるか?

「僕まだ40代なんだけど、会社から早期退職を促されちゃった。どうしようかなぁ」

なんてお悩みの方、いませんか。促されなくても、早期退職制度に応募しようかどうか考え中、あるいはもっと切羽詰まって会社が倒産しそう、勤務地の事業所が廃止になりそう、などなど離職が目の前に迫っているあなた、どうします?

あるいは、今の会社にこのままいても望むような仕事や給与に届かない。思い切って転職してみるか、なんてお考えのあなた。あるいは会社や上司の方針や仕事の仕方にどうしてもついていけないとお考えのあなた。

40代で転職して成功するためにはどうすればいいとお考えですか。

40代男性
近々転職を考えているのですが。。。なにかいいアドバイスありませんか
木佐貫
そうですねぇ、20代、30代と違ってなかなか難しいところがありますよ

40代と言えば家庭でも大黒柱として期待されていて、転職には経済的にも難しい点がありますよね。

そのような40代での転職をどうすればうまくやれるか考えてみましょう。

 

40代が転職先で期待されるスキル・能力

40代男性
20代、30代の転職と40代の転職はどこが違っているのですか
木佐貫
20代、30代では本人のやりたいことやその意欲を潜在能力まで見て評価してくれますが、40代にもなると今まで培ってきた経験・スキル・能力で転職先の会社に明日からどう貢献してくれるかという観点、すなわち即戦力として役に立つかどうかで見られます
40代男性
では、履歴書にどのように書いて、面接のときにどのようにアピールすればよいのですか
木佐貫
転職先にどう貢献できるかは転職先企業をホームページなどで研究して考えてください。必要なスキル・能力としては次のようなものですね

40代では、技術者・エンジニアや研究者などで特定の領域で鍛え上げたキラリと光る能力を持っている場合を除いて、次のようなスキル・能力が望まれています。

40代での転職に必要なスキル・能力
  • マネジメント能力
    間違いなく20代、30代では不十分と考えられ、40代にこそ期待される能力です。40代では管理職経験者も多く、部下を統率し、部門を一つの目標に向かって動かしていく能力は大いに求められると思います。
  • 業務遂行能力
    単にマネジメントだけではなく、業務を深く理解し、あるいは自らその業務を行ってゆくこと、すなわちプレイング・マネージャーであることが求められます。
  • 中小企業での勤務経験こそ強み
    大企業での細分化された業務の一つをやったのではなく、中小企業で広い視点から業務を行ってきた経験は、転職時に視野の広さという点で有利に働くことがあります。中小企業出身だからと言って決して卑下しないでください。

特定の領域で強みを持った技術者やエンジニアは、目を海外にまで広げると喉から手が出るほど欲しがっている会社が多くあります。私の知人でも、活躍の場を海外に求めて日本にいた時以上のやりがいと収入を得ている人がいます。

但し、この場合は家族の問題、言葉を含めた生活環境や子供の教育の問題など、考えないといけない問題も多くなります。でも、こういう選択肢もあるということです。

 

40代の転職を難しくしているもの

40代男性
うっすらですが何となく光が見えた気がします。活動の上で気を付けないといけないことってありますか
木佐貫
40代といえばそれまでの人生の約半分を仕事をしてきたわけで、その間の様々な経験が無意識のうちに役に立ったり逆に足を引っ張ったりします。マイナスの面も少し見ていきましょう

40代の転職を難しくしているものに、自分に対する自身の評価と世間の見方にずれがあるということがあります。言い方を変えると、自分に対する世間というか転職希望の企業での評価がわかっていないということです。具体的に挙げてみましょう。

40代の転職で注意すべき点
  • 華麗な経歴
    一流大学出身で一流の会社に勤めていたから、転職先なんてすぐ見つかると思っていませんか。逆ですよ。そのような人は、プライドが高く組織に馴染みにくい、あるいは泥臭い仕事はやりたがらない、などと思われて敬遠されがちです。このような人こそより謙虚な取り組みが必要になります。
  • 人脈
    自分は営業をやっていて、多くの顧客の信頼を得ているのでこの人脈が生かせると思っていませんか。ライバル企業に転職した場合、元の会社とトラブルを起こす可能性があると思われるかもしれません。人脈は大切な資産ですが、元の会社の顧客を奪うような形ではなく、別な形でその人脈を生かすことを考えたほうがいいかもしれません。
  • 自分に対する思い込み
    自分はこういう人間だと思い込んでいませんか。実は、周りから見ると違った印象を持たれていることってありますよね。例えば、若いころは優秀な技術者で自分だけではなく周りに対しても厳しく、人付き合いも下手だったした人が、40代を迎えたころから角が取れて温厚な人だと周りから見られたりします。ところが、自分に対する印象は若いころのままで、人付き合いが下手だと思い込んでいた、なんてこともあります。自分の変化は案外自分では気付かなかったりします。
  • 様々な足枷
    大黒柱として家族を支えていると思っているあなた、本当に家族はそう思っていますか。転職活動期間が長引いて収入が減る、あるいはなくなっても、その間家族が助けてくれるといったことはありませんか。一度家族の皆さんで話し合ってください。足枷と思っていたものが、実は違ったりすることも考えられます。
  • 世間の目
    転職のための求職活動中は失業状態になるわけで、世間体が悪い、隣近所の目が気になると思っていませんか。一番上の「華麗な経歴」の持ち主ほど落ち込みやすいものかもしれません。でも、自惚れる必要はありません、世間はそれほどあなたのことは気にしてませんから。

 

40代でもチャレンジ可能な未経験分野

40代男性
注意点もわかってきて、何とか転職活動できそうです。人生で仕事ができる期間があと半分残っているので、この際だから思い切って未経験の新しい分野にチャレンジするというのはどうですか。できれば定年退職のない分野がいいなぁ
木佐貫
前向きでいいですね。40代から始めてもあまりハンデのない、資格が必要な分野はどうでしょう

資格をとるためのセミナーや通信教育がビジネスになるくらい、資格ってたくさんあります。また、40代を過ぎたら再就職には資格はあまり役立たないとも言われています。

そもそも、資格にはどのようなものがあるのでしょうか。国家資格の例を下に示します。

医師、看護師、弁理士、司法書士、税理士、公認会計士、土地家屋調査士、行政書士、歯科医師、一級建築士、一級水先人、不動産鑑定士、第一種作業環境測定士、社会保険労務士、薬剤師、獣医師、計量士、海事代理士、
海事補佐人、二級水先人、測量士

引用:wikipedia

これらは業務独占資格といって、その業務を行うためには必須となる資格です。これ以外に、名称独占資格と言って資格を持っていないと名乗れない(業務は行える)ものもあります。下がその一部です。

社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士、保健師、公認心理師、製菓衛生師、調理師、栄養士、管理栄養士、技術士、技能士、マンション管理士、土地区画整理士、情報処理安全確保支援士

引用:wikipedia

これ以外にも国以外の公的資格や民間資格があり、合計の資格の数は膨大になります。

これらの資格のうち、取得に長期の期間と費用を要するものは、40代になって転職のために取得するのにふさわしくないでしょう。

次に示す領域は資格が比較的簡単に取れて転職として考えられると思いますが、いかがですか。

資格が役立つ分野

  • 介護・福祉分野
    この分野は今後も慢性的な人手不足が言われており、介護福祉士の資格を取れば入っていくのに壁は低いといえるでしょう。但し、老齢者の世話が好きだとか、低賃金長時間労働でも問題がないなど、意識が高くないと長期に続けるのは難しいかもしれません。
  • 不動産仲介分野
    上の表にはありませんが、宅地建物取引士という資格を持っていれば不動産取引の専門家として取引の中核を担うことができます。このため、不動産仲介分野への転職を考える場合、宅地建物取引士の資格を持つことが極めて有利になります。また、業務そのものも接客業的な色合いも強く、40代の他の仕事にもまれて角が取れたような人はむしろ歓迎されるともいえます。
  • タクシードライバー
    車の運転が好きであれば、二種免許を取得してタクシードライバーを目指すというのも考えられます。但し、仕事が深夜になったり、給与も歩合制でそれほど高くないことも覚悟が必要です。更に、将来的には自動運転技術の進歩によりAIに仕事を奪われる可能性があることも考えておいた方がいいでしょう。
  • 司法書士・行政書士
    司法書士はハードルが高いですが、行政書士ならば資格の取得もそれほど難しくはなく、また仕事の内容も40代以降の人に向いているといえます。
  • 専門性を活かした分野
    経理の経験が長ければ、税理士を目指すという手もあります。また、人事・労政関係の経験が豊富であれば、社会保険労務士に向いているかもしれません。更に、エンジニアや研究者などで特定の技術領域に強い人であれば、ハードルは高いですが弁理士を目指すというのもアリでしょう。
40代男性
たくさんありますね。これ以外にもあるのですよね。う~ん、迷いますね
木佐貫
ご自分だけで決めずに、ご家族に相談されてはいかがですか。時間もお金もかかるものですから

【無料なのにスゴイ】天職診断のおススメはコレ!体験談を公開!

2019年4月7日

 

40代の転職で成功するために

いかがですか、少しは見通しは明るくなってきましたか。

40代男性
何とかなりそうな気がしてきました。早速転職活動を開始したいと思います
木佐貫
ちょっと待ってください。そうはいっても、やはり20代や30代での転職に比べて厳しいことには間違いはありません。活動を始める前にいくつかの注意点をアドバイスしましょう

時間をかけてじっくりと

活動に時間がかかること、求人に応募しても書類選考で落とされ面接にも至らないことも多いことを覚悟してください。10社、20社続けて面接に至らずなんてことはざらです。これくらいのことで落ち込まないようにしましょう。

特に面接で落とされたときには敗因の分析をしておいた方が今後に活かせます。面接官の質問への答え方のどこがいけなかったのか、転職エージェントを利用している場合にはその担当者にも面接での受け答えを聞いてもらって分析しておきましょう。

後ろ向きの答えを言ったり元の会社の悪口を言ったりしませんでしたか。このような受け答えをしていた場合は、前向きな答えができるようにしておくことが大切です。

また、じっくり転職先を選びたいので時間が長くかかりそうな場合、あるいは資格取得にある程度の期間がかかるような場合、つなぎとしてアルバイトや派遣での仕事も考えてみてください。今は求職者の売り手市場ですので、選好みしなければ比較的短期間で仕事は探せると思います。

キャリアとスキルの棚卸

慌てて職探しをするのではなく、先ずはじっくりと自分の今までを振り返る時間をとったほうがいいと思います。急がば回れです。この方がいい転職先が見つかることが多いと思いますし、結果として時間も短くて済むかもしれません。

転職エージェントを利用していれば指導されていると思いますが、方法は自分の経歴(キャリア)と能力(スキル)を整理することです。これは、できるだけ冷静にやってください。

「自分はこんなことはできるはずだ」ではなく、自分がもう一人の自分を振り返るつもりでキャリアとスキルを洗い出して整理してください。

きっといいヒントが見つかるはずです。

30代おすすめの転職エージェント3社比較!【8回転職できた理由】

2019年3月25日

他人の意見を聞く

スキルを整理するとき、できれば周辺の他人の意見を伺ってみてください。家族でもいいですし、(元)同僚の意見を聞けたらより望ましいと思います。自分では自覚していない自分の能力に気付かされるかもしれません。

自分の仕事を早く進めるために周辺の同僚におせっかいを焼いていたら、その同僚から「あの人は面倒見のいい人だ」とか「協調性のある人だ」と思われていることがあります。協調性が高いことは転職市場では売りになりますよ。

このように、周りの人の意見を聞いてみると、自分の長所に気づかされることがあります。なので、この長所を転職活動で武器にしていけば成功が見えてきます。

仕事以外の場での経験も生かす

職場でも、仕事以外で、例えば職場旅行や飲み会などの幹事としてうまく執り行ったことで皆に感心や感謝されたことはありませんか。

あるいは地域の自治会活動、ボランティア活動などでリーダーとして皆を取りまとめたり、お子さんの学校のPTA活動で役員として色々な意見を調整して全体としてうまく運営できたなんてことはありませんか。

これらは、転職先で使えるかもしれない立派な能力になりうるものです。特に会社の仕事のようにトップダウンに意思決定ができない上のような事例で調整能力を発揮できるのであれば、大いにPRすべき特技だと思いますよ。

家族の協力

皆さんそれぞれに家庭の事情があると思いますので、一概に言えないかもしれません。

しかし、家族に状況をよく話して協力を得られるようにしておくに越したことはありません。特に経済的な面に関してや転職までに時間がかかるような場合は、家族の理解と協力は不可欠になると思います。

いつかは波が来る

これには理屈をつけた説明はできません。

ただ、私の経験および周囲での再就職活動を見ていると、活動に波がある、すなわちいくら応募しても書類で落とされる時期が続いたのち、応募した案件すべてで書類選考を通過して面接に至るような「波」が来ます。波に乗り損ねると、また凪が続き次の波を待たないといけなくなります。

これは、40代でも同じです。必ず波が来ると信じて辛抱強く活動しましょう

最初の波は、過ぎてみて「あれが波だったのか」のかと気づくかもしれません。その時は、さらに辛抱強く次の波を待ちましょう。

 

まとめ

40代での転職について考えてみました。

転職活動期間に、今までの自分の職歴(キャリア)と能力(スキル)を棚卸して相応しい転職先を探すということになります。

ただ、40代にもなると「自分のやりたいこと」というよりも「転職先の会社にどんな貢献ができるか」という観点がないと転職先を見つけるのは難しくなります。特に、先方の会社からは即戦力となりうることとマネジメント能力を期待されます。

この観点から十分な戦略を練って転職活動を行ってください。

一方、思い切って未経験分野にチャレンジすることを考えている人もいるでしょう。20代、30代の人と違って未経験分野に乗り出すには難しさもありますが、上にあげたような資格が必要な分野は少なくとも対等に戦える場ではないでしょうか。

今は求職者の売り手市場ですが、40代にとっての転職は決して楽観視できるものではありません。活動に乗り出してみて、思わず厳しさに驚くなんてことがあるかもしれません。

このような場合にも慌てずじっくりと、いつかは波が来ると信じて活動を行ってください。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です