20代の平均ボーナスの手取りとこれから必要なこと

レールを外れた人生
<転職回数多い人は必見!!>
果たして30代のサラリーマンは未経験職業に転職可能なのか?

仕事勤めの方にとって一番の楽しみといえばなんといってもボーナスですよね。このボーナスのおかげで日々の仕事をがんばるモチベーションの一つになっているといっても過言ではありません。

でもそのボーナス果たしてずっともらえるものかというとそうとは限りませんし、調査の内容をみているとかなり厳しい現状も見えてきました。

今回は20代の平均ボーナスの手取りの現状とこれからどう生きていくのかをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ボーナスの手取りの詳細知ってますか?

 

突然ですがみなさんがもらっているボーナスの詳細をきちんと把握されていますか?といいますのも何とボーナスのは社会保険料や所得税がしっかり引かれてますので、実際の手取りの金額が少なくなっていたりします。これを聞くとかなりショックですよね。

私の場合、ボーナスが2ヶ月分で40万円くらいもらえると思ってたんですね。でも実際は30万円くらいしかもらえませんでした。

もししっかり自分のボーナスの手取りの詳細を知りたいという方は、以下のサイトからご自分の給与明細の内容をそのまま入力するだけで手取りを自動計算できますのでぜひ一度計算してみてはいかがでしょうか。

参考:Human Value

 

スポンサーリンク

20代の平均ボーナスの手取りは?

20代の夏・冬それぞれのボーナスの平均手取りについては、おおよそではありますが全体で夏のボーナスは30万円前後、冬のボーナスが36万円前後のようです。

ですが職業職種や地域によってボーナスの支給額は全く変わります。ですので「あれ、自分がもらったボーナスが平均より低いじゃないか」って肩を落とす必要は全くありません。

現に私のボーナスも平均と比較したところ、かなり低かったです。とはいえど正直申し上げますと知らなきゃよかったなぁなんて思いました。

人と比較するとやっぱり落ち込みますね。もっともらいたかったなって正直感じます。最近ではボーナスくれる所も少なくなっているので、ある程度は仕方ないと思っています。

 

しかし中には「ボーナス支給なし」のところも・・・

しかし、すべての人がボーナスをいただいているわけではありません。2018年の調査によりますと、ボーナス支給なしの割合が何と56.4%もいることがわかりました。

ボーナス支給されたと回答したのは43.6%に留まり、過半数の56.4%が冬のボーナスはなし、と回答。

引用:転職エージェント

厚生労働省や日経新聞などが載せるようななデータには大企業や有力企業のデータも含まれますので、一見ボーナスの支給は増えているように思われますが、中小企業に勤めている方の割合のほうが多いので調査の内容と私たちが肌で感じている感覚とのギャップが生まれているのが現状なのです。

悲しい現実ではありますがこのデータから格差は確実に広がっているといえます。

日本の企業の体力がどんどん減ってますね。ボーナスってのが出なくなっています。以前働いていた企業でもボーナス出ましたが、2万円でした。ありがたいんですが、喜べる金額でもないという微妙な感覚になりました。

 

スポンサーリンク

この厳しい現状をどう生きていくか

ではこの厳しい現状を打破する方法はないのでしょうか?節約するという方法ももちろんありますが、これから先のことを考えればそれだけで生活していくのには限界があるといえます。しかし20代だからこそ色々な経験を積んだり、チャレンジできる時間はまだたくさんあります。

これからご紹介する方法で少しでも将来への解消ができればと思います。

投資

投資=ギャンブルのイメージが強いかと思われますが、きちんとしくみを理解してやっていけば資産をしっかりふやすことができます。現にアメリカでは小学校の時から授業で投資についての勉強をしていて、実際に自分で投資をしているんですよ。

一言に投資といっても色々な方法がありますのでどこから始めればよいのか全く分からないかと思います。そんな方には「積立Nisa」から始めてみてはいかがでしょうか。

国が推薦している制度

積立nisaは国が推奨している投資のひとつです。簡単に説明しますと証券口座を開設し、投資先を決めて毎月決まった金額を積立をして資産運用を行う制度です。20年間は非課税になりますし以下に金融庁のサイトに詳しいしくみやシュミレーションもできますので一度見てみることをお勧めします。

あなたとNISA(小額投資非課税制度)

引用:金融庁(NISA特設ウェブサイト)

副業

もし会社が禁止していないようなところでしたら副業というのもひとつの方法だと思います。最近ではクラウドソーシングとってインターネット上で仕事を引き受けることができるサービスもあります。サイトに登録をして見てみるとたくさん仕事があるんですよ。

副業をしていく中でスキルを身に着けることにつながるようなものもありますし、今の仕事に支障がない程度にやってみるといいかもしれません。

 

時間に余裕のある今のうちにまずはやってみよう

私自身、これらのサービスを使ってみて、勉強になりますし何より気持ちにもゆとりを持つことができました。しかし反面「20代のうちに知っていたらもっと早くやっていたのに」という後悔も少しあります。会社でのボーナスだけでなく自分で資産形成したり、収入源を確保することがこれから生きていくヒントなんじゃないかと思います。

この記事を参考に「私もやってみよう」と一人でも思えたら幸いです。

【30代工場勤務】40代上司と変わらない給料絶望したけど
転職したら高級外車手に入れられて人生変わった話

私の友人は転職したことで年収を100万アップさせました。

一方友人の上司は、我慢して我慢して我慢して我慢して25年働いてきたにも関わらず新卒の給料と5万円しか変わりませんでした。友人の選択は間違っていませんでした。

現在年収を上げたいのであれば転職がもっとも確実かつ現実的な選択になります。なぜなら社会の原理として、その業界にはその業界の給与水準というのがあるからです。その水準を上回ると会社として利益を出せなくなるため、給料をアップすることが原理的に不可能だからです。

裏を返せば、給与水準が高い業界に移動するだけで、年収アップは実現します。この原理を知らずに、給料アップを望んでもいつまで経っても低年収のままでです。

給料アップに興味がなければそのままでも良いと思いますが、賢く生きたければ以下の体験談は参考になるはずです。

30代で転職を成功させるための
正しいエージェントの選び方と使い方をご存知ですか?
あなたに合った転職エージェントの見分け方を無料公開中!!


転職8回!内定どころか、書類すら通らない30歳の男が 【わずか2回の面接で就職】を勝ち取った秘訣とは!?

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です